TAG

22夏

切迫早産について青葉レディースクリニック 小松先生の プレママ教室第6回

青葉レディースクリニック 小松先生の プレママ教室第6回 早産を防ぐには、早期発見と早期治療が大切 青葉レディースクリニック 小松 一 先生 高知県出身。1995 年九州大学医学部卒業。九州大学病院周産母子センターや北九州市立医療センター、九州厚生年金病院などで研鑽を重ね、2007 年に「青葉レディ […]

体外受精の成功率に影響 PGT–A、どんな検査?

今、特別臨床研究という形で条件付きで実施しているPGT–A。その検査内容と実際に妊娠しやすいかなどを、 荻窪病院虹クリニック院長の佐藤卓先生に教えていただきました。 荻窪病院 虹クリニック●佐藤 卓 先生 2002 年岩手医科大学医学部卒業、慶應義塾大学医学部産婦人科学教室に入局。生殖医学および臨床 […]

次回の採卵の対策について

採卵5 回、移植2 回したが妊娠に至らず。卵巣の刺激法を変えたほうがいい? 今まで採卵を5 回、移植を2 回しましたが、妊娠できず。採卵前のトリガーは変更したが、いずれも同じ卵巣刺激法とのこと。この場合、次回の採卵ではどういった方法を選ぶのがいいかを高崎ART クリニックの久保先生のご意見を伺ってみ […]

今後の治療について

低刺激〜中刺激で採卵と移植の繰り返し。 スピード重視の治療法は? 1人目を自然妊娠で授かりましたが、2人目は顕微授精の適応に。低刺激〜中刺激で採卵と移植を繰り返しても妊娠しないのはなぜでしょうか。また、スピードを重視した治療法について、田村秀子婦人科医院の田中紀子先生にお話を伺いました。 田村秀子婦 […]

着床してもうまく育たない。胚移植を続けるべき?

移植しても早期流産や陰性。 残りの胚を移植する前に対処法はありますか 妊娠まで進んでも流産をしたり、着床がうまくいかなかったり。残りの貴重な胚盤胞を移植する前に、必要な検査や治療があれば対処して万全な体制で次の段階に臨みたい。そんなお悩みに厚仁病院の松山先生が答えてくれました。 厚仁病院 生殖医療部 […]

着床障害と不育症 第二回 着床障害と不育症の原因

どうすれば早く妊娠に近づける?くわしく知りたい!着床障害と不育症の原因 胚移植を繰り返してもなかなか妊娠しない着床障害。早く妊娠に近づくためには、どんな検査や治療が必要でしょうか。代表的な検査と治療から近年注目の先進医療まで、レディースクリニック北浜の奥裕嗣先生に教えていただきました。 レディースク […]

凍結胚移植時にタクロリムス投与をすすめられています

Th1/Th2 比で異常が。 主治医に処方されたタクロリムスは有効? いながきレディースクリニック 稲垣 誠 先生 1994 年、浜松医科大学医学部卒業。浜松医科大学医学部附属病院、鹿児島市立病院、聖隷沼津病院などで産婦人科医の経験を重ね、2012 年、不妊治療専門施設「いながきレディースクリニック […]

「PGT-A( 着床前胚染色体異数性検査)」

中村先生に聞いてみよう!不妊治療の最前線 ― 今回のテーマ「PGT-A( 着床前胚染色体異数性検査)」 ― なかむらレディースクリニック 中村 嘉宏 先生 大阪市立大学医学部卒業。同大学院で山中伸弥教授の指導で学位取得。大阪市立大学附属病院、住友病院、北摂総合病院産婦人科部長を経て、2013年より藤 […]

情熱のカルテ~佐久平エンゼルクリニック 政井 哲兵 先生

不妊治療に携わることになった理由やそれにかける想いなどをお聞きし、ドクターの歴史と情熱を紐解きます。 佐久平エンゼルクリニック 政井 哲兵 先生 不妊に悩む多くの方に一人でも多く、妊娠という喜びをお届けしたい 政井 哲兵 先生 鹿児島大学医学部卒業。東京都立府中病院(現東京都立多摩総合医療センター) […]

胚盤胞移植 今後の治療について

胚盤胞の評価はどれくらい気にしたらいいのですか? あいウイメンズクリニック 伊藤 哲 先生 順天堂大学医学部卒業、同大学院修了。順天堂大学医学部産婦人科学教室講師、国際親善総合病院産婦人科医長を経て、1999 年あいウイメンズクリニック開院。日本生殖医学会生殖医療専門医。 相談者 : ぶたこさん(3 […]

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。