TAG

11夏

女は本能、男は理性

田村秀子先生の 心の 玉手箱 子づくりへの姿勢で感じることのある 夫婦間の気持ちの温度差。 子どもが欲しい思いは 同じはずなのに……。 今回は、男女の性差に関する 田村先生の興味深いお話です。 田村秀子 先生 京都府立医科大学卒業。同大学院修了後、京都 第一赤十字病院に勤務。1991年、自ら不妊治 […]

排卵誘発の方法を変えたのに卵胞が育ちません

伊藤 哲 先生 順天堂大学医学部、同大学院修了。順天堂大学 医学部産婦人科学講師、国際親善総合病院産婦 人科医長を経て、1999 年あいウイメンズクリニッ ク開院。日本生殖医学会生殖医療専門医。O 型・ おひつじ座。東日本大震災後、いろいろ考えるよ うになったという伊藤先生。「今までは電気も電話 も […]

卵巣機能低下?PCOS?卵胞が小さくならず治療が進みません。何か原因があるのでしょうか?

大野 元 先生  岐阜大学医学部卒業。岐阜大学医学部大学院修了。ブリ ティッシュ・コロンビア大学(カナダ)研究員、岐阜大学 助手、IVF大阪クリニックを経て、1999年 8月開業。専 門は周産期と不妊で、体外受精のエキスパート。O型・お うし座。淡いピンクを基調にした優しい雰囲気の院内では、 月1回 […]

抗リン脂質抗体を持っていても妊娠は可能でしょうか?

渡辺 浩彦 先生 滋賀医科大学卒業後、京都大学医学部附属病院産婦人 科、大津赤十字病院、済生会茨木病院などを経て、 1971年から不妊治療を行っている父の病院を継承。不 妊治療から分娩まで手掛け、365日24時間の診療体 制をとる。O型・おとめ座。不妊治療を経て妊娠した多 くの患者さんの、出産までの […]

顕微授精で治療するもうまくいきません誘発法が合っていない?

小田原 靖 先生  東京慈恵会医科大学卒業、同大学院修了。1987年、オーストラリア・ ロイヤルウイメンズホスピタルに留学し、チーム医療などを学ぶ。東京 慈恵会医科大学産婦人科助手、スズキ病院科長を経て、1996 年恵比 寿に開院。AB 型・みずがめ座。震災の影響で計画停電に入ることを 考え、他の […]

ホルモン補充周期と自然周期による移植。どちらがいいか迷っています

堀川 隆 先生 琉球大学医学部卒業。国立国際医療センター、国立成育医療セン ター不妊診療科勤務を経て、2009 年12月より高崎ARTクリニッ ク院長に就任。国際医療センター勤務時より内視鏡手術・生殖補 助医療に従事。成育医療センターでは難治性不妊治療・加齢と不 妊についての研究に取り組む。B 型・ […]

体温は上昇、尿検査も陰性。でも卵胞はそのままです。排卵障害でしょうか?

宮崎 和典 先生  大阪医科大学医学部卒業。学生時代の新生児医療への興味がきっか けとなり、体外受精や不妊治療の世界を志す。同大学産科婦人科講師 を経て、1992年に不妊症、不育症治療専門クリニック、宮崎レディー スクリニック開業。開業当初より泌尿器科の専門医による男性不妊外 来を開設する。A型・し […]

多嚢胞性卵巣症候群は卵子の質が悪いのでしょうか。改善方法はありますか?

松山 毅彦 先生 東海大学医学部卒業。小田原市立病院産婦人科医長、東海大学付属大磯病 院産婦人科勤務、永遠幸レディースクリニック副院長を経て、1996年厚仁病 院産婦人科を開設。日本生殖医学会生殖医療専門医。クリニックでは最新医 療を積極的に取り入れる一方、産科併設のメリットを生かし、より安心して出 […]

左側の卵管が閉塞していて卵管水腫の疑いもあり。今後の治療はどうすればいい?

田中 雄大 先生  慶應義塾大学医学部卒業。日本産科婦人科学会専門医、日本生殖医学 会生殖医療専門医。大和市立病院産婦人科勤務、内視鏡手術の専門 病院を目指した矢崎病院婦人科での勤務などを経て、2009年、矢崎病 院に不妊治療専門の湘南 IVFクリニックを開設。聖マリアンナ医科大 学非常勤講師。B型 […]

1人目出産の後、無排卵に。こんな状態でも2人目を 妊娠・出産できますか?

徳岡 晋 先生 防衛医科大学校卒業。同校産婦人科学講座入局。自衛隊中央病院産婦人科 勤務後、防衛医科大学校医学研究科に入学し、学位(医学博士)取得。 2000年より木場公園クリニックに勤務。5年間の勤務を経て2005年に独立 し、とくおかレディースクリニックを開設。A型・みずがめ座。不妊治療にあた […]

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。