TAG

11春

こまめな情報提供を心がけています

俵 史子 先生 浜松医科大学医学部卒業。 総合病院勤務医時代より不 妊治療に携わり、2004 年愛 知県の竹内病院トヨタ不妊セ ンター所長に就任。2007年、 出身地の静岡に俵史子 IVF クリニックを開業。 ペットのイ ベントで 2 匹の愛犬の“飛行 犬”写真を撮ってもらって以 来、写真に目覚め、 […]

チームで支えることが大切

神谷 博文 先生 札幌医科大学卒業。同大 学産婦人科学講座、第一 病理学講座に入局後、斗 南病院にて産婦人科科長を 10 年間務める。1998 年、 神谷レディースクリニックを 開業。年に一度、スタッフ 全員での食事会を開催。お 互いの顔が見え、話がしや すいよう、全員が座れる大 テーブルがあること […]

心理カウンセラーや看護師がサポート

小田原 靖 先生 東京慈恵会医科大学卒業、同大学院修了。 1987年、オーストラリア・ロイヤルウイメ ンズホスピタルに留学し、チーム医療など を学ぶ。東京慈恵会医科大学産婦人科助 手、スズキ病院科長を経て、1996 年恵比 寿に開院。AB 型・みずがめ座。サーフィン が趣味の先生。先日は寒いなか、七 […]

治療で起こりうることを事前にお伝えする

高橋 克彦 先生 慶應義塾大学医学部卒業。インターン時代に立ち 会ったお産に感激し、産婦人科医を目指す。1990 年に日本初の体外受精専門外来クリニック、高橋産 婦人科を開業。後に広島HARTクリニックと改名。 2000年、東京HARTクリニック開設。「日本初」 の実績を次々と打ち立て、日本の不妊治 […]

相手を傷つけずに上手に付き合っていく

つらい経験をしたあとの 姑との関わり方がわからない。 良好な関係を築くには……? 今回はそんな、誰もが ぶつかる難問のヒントを 田村先生に伺いました。 田村 秀子 先生 京都府立医科大学卒業。同大学院修了後、京都第一赤十字病院 に勤務。1991年、自ら不妊治療をして双子を出産したのを機に、 義父の経 […]

子宮筋腫の手術後は体外受精も視野に

宮崎 和典 先生 大阪医科大学医学部卒業。学生時代 の新生児医療への興味がきっかけとな り、体外受精や不妊治療の世界を志す。 同大学産科婦人科講師を経て、1992 年に不妊症、不育症治療専門クリニッ ク、宮崎レディースクリニック開業。開 業当初より泌尿器科の専門医による男 性不妊外来を開設する。A型 […]

採卵、摘出するかは筋腫の状態でそれぞれ。

松山 毅彦 先生 東海大学医学部卒業。小田原市 立病院産婦人科医長、東海大学 付属大磯病院産婦人科勤務、永 遠幸レディースクリニック副院長 を経て、1996 年厚仁病院産婦 人科を開設。日本生殖医学会生 殖医療専門医。クリニックでは最 新医療を積極的に取り入れる一 方、産科併設のメリットを生かし、 […]

筋腫のある場所や大きさによって個別に

田中 雄大 先生 慶應義塾大学医学部卒業。日本産科婦人科学会専 門医。大和市立病院産婦人科勤務、内視鏡手術の 専門病院を目指した矢崎病院婦人科での勤務など を経て、2009年、矢崎病院に不妊治療専門の湘 南 IVFクリニックを開設。聖マリアンナ医科大学 非常勤講師。B型・かに座。内視鏡手術と体外受 […]

悪影響を及ぼす因子を除去することで着床率を向上

原 利夫 先生 1983 年、慶應義塾大学大学院医学研究科修了にて医学博士学位 を取得。同大産婦人科助手時代、日本初の凍結受精卵ベビー誕生 の一員として活躍。その後、東京歯科大学市川病院講師、千葉衛生 短大非常勤講師を経て、1993 年はらメディカルクリニックを開院。 着床率、妊娠率を上げるために、 […]

ファーストチョイスはホルモン補充周期で融解胚移植。

古井 憲司 先生 1986 年日本医科大学卒業。 1987年名古屋大学 産婦人科学教室入局後、名古屋大学産婦人科で文 部教官を務める。さらにその後、大垣市民病院産 婦人科医長を経て、1998 年クリニックママを開院。 院内のカフェやインテリアは、とても洗練されており 癒されます。ハローウィンやクリス […]

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。