CATEGORY

ふたりのカタチ

ふたりのカタチ(4)

ふたりの“これから”のカタチ 2度にわたる子宮内膜症の手術の後、パニック障害の発作と闘いながら続けた体外受精。 そして2010年10月、二人の子どもを授かることなく10年間にわたる治療を終えたzumiさんとkenさん夫婦。 二人で多くの試練を乗り越えた今、偽りのない気持ちと、二人のこれからの未来が見 […]

ふたりのカタチ(3)

治療はふたりのかけがえのない経験 子宮内膜症、パニック障害、体外受精での不妊治療が難しいこと……。 でも「ここで諦めたら後悔する!」ふたりの決断に迷いはありませんでした。 kenさんの転勤にともなう、zumiさんの故郷・広島での不妊治療再開。 初めての胚盤胞移植に期待は膨らみますが、治療に終止符を打 […]

ふたりのカタチ(2)

ふたりの選んだ新たな道 重度の子宮内膜症を2度の手術で克服し、パニック障害の症状とも向き合いながらいよいよ積極的な不妊治療である体外受精をスタートさせたzumiさん。 さまざまな困難を乗り越えることでふたりの絆が強くなっていくのを感じ始めます。 手術を受けた大学病院で体外受精の治療を開始 「実は、体 […]

ふたりのカタチ(1)

重度の子宮内膜症やパニック障害を乗り越えて、専門クリニックでの体外受精へ。 しかし昨年、子どもを望んだzumiさんとkenさんは、10年間の治療生活に終止符を打ちました。 今の気持ち、つらかった治療、悲しい決断、そして、これからのこと……。 「子どもは諦める」、考え抜いて選択した答えを胸に今、歩みは […]

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。