TAG

明大前アートクリニック

ホルモンバランスについて

長年の不妊治療で生理が不順になってきている? 相談者 :りっきーさん(40歳)不妊治療を始めて約4年、現在はPGT- Aで治療中。最近、生理が不順のため、薬で起こすようにしています。長年投薬によりホルモンの状態を整えてきたため、体が不調になっているのかも。自然に順調なサイクルになるまで待ちたいと思っ […]

着床不全を解消するカギに? 子宮内膜着床能(ERA) とはどんな検査?

着床のベストなタイミングを調べることができるといわれているERA検査。実際に導入している明大前アートクリニックの北村先生にその内容や効果についてお話を伺いました。 明大前アートクリニック 北村 誠司 先生 1987年、慶應義塾大学医学部卒業。1990年、同大学産婦人科IVFチームに入る。1993年、 […]

【Q&A】保険適用の治療と自費診療について~北村先生

ぽりおんさん (40歳) 先生の説明でも厚生労働省のHPでも明確な文面などがなかったので、教えてください。 10月保険診療で採卵。受精卵が育たなかったため、中止。また次回採卵になります。 保険診療での移植まで進んだ回数はまだ一回で、採卵の後なかなか前に進めてません。 11月もしくは12月よりPRP療 […]

凍期胚と胚盤胞の違い

胚盤胞まで育たないと妊娠成立には至らないのでしょうか? 相談者 : リス好きさん(39歳)採卵すると「胚盤胞を目指そう。でも、全滅したら困るから一番良い初期胚を凍結して、残りは胚盤胞を目指そう」というのが私の初回採卵の方針でした。脱落する受精卵(初期胚の時点では分割が良くても胚盤胞にはなれない)とい […]

【Q&A】妊娠判定のβhCGの数値について~北村先生

北村 誠司 先生に聞いてみました。 明大前アートクリニック 北村 誠司 先生 1987年慶應義塾大学医学部卒業。2008年荻窪病院虹クリニックを開設。退職後、2018年明大前アートクリニックを開設。1989年からIVF及び内視鏡下手術に従事。子宮鏡下手術による胚移植の改善、腹腔鏡下手術による子宮筋腫 […]

治療方法について

妊娠できないのは子宮内膜症と子宮筋腫が原因なのでしょうか 明大前アートクリニック 北村 誠司 先生 昭和62 年、慶應義塾大学医学部卒業。平成2年、同大学産婦人科IVFチームに入る。平成5年、荻窪病院に入職。平成20 年、虹クリニック、院長として就任。平成30 年2月、明大前アートクリニック開設。医 […]

ほかに検査することはないですか?

胚盤胞移植で2回流産。 不育症検査はしなくていいのでしょうか? 明大前アートクリニック 北村 誠司 先生 1987 年、慶應義塾大学医学部卒業。1990 年、同大学産婦人科IVFチームに入る。1993 年、荻窪病院に入職。2008 年、虹クリニック、院長として就任。2018 年2月、明大前アートクリ […]

【Q&A】人工授精~北村先生

北村 誠司 先生に聞いてみました。 明大前アートクリニック 北村 誠司 先生 1987年慶應義塾大学医学部卒業。2008年荻窪病院虹クリニックを開設。退職後、2018年明大前アートクリニックを開設。1989年からIVF及び内視鏡下手術に従事。子宮鏡下手術による胚移植の改善、腹腔鏡下手術による子宮筋腫 […]

【Q&A】ステップアップのタイミング~北村誠司先生

ステップアップするタイミングや、むしろすぐに体外受精を選択すべきなのか、迷いますよね。 北村 誠司 先生に聞いてみました。 明大前アートクリニック 北村 誠司 先生 1987年慶應義塾大学医学部卒業。2008年荻窪病院虹クリニックを開設。退職後、2018年明大前アートクリニックを開設。1989年から […]

【Q&A】低AMH、抗精子抗体陽性での人工授精~北村先生

ネットの情報がすべて正しいとはかぎりませんよね。 抗精子抗体の妊娠の可能性について、最善の選択について、北村先生にお聞きしました。 明大前アートクリニック●北村 誠司 先生 1987年慶應義塾大学医学部卒業。2008年荻窪病院虹クリニックを開設。退職後、2018年明大前アートクリニックを開設。198 […]

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。