CATEGORY

体外授精

採卵数について

低刺激法で採卵数を増やすためにはどうしたらいいですか? 相談者 :ともみさん(33歳)6月に入り、人工授精から体外受精にステップアップしました。通院する病院では、保険診療以降は低刺激法のみになるとのことで、飲み薬・注射・点鼻薬で行いました。結果、2cmくらいの卵胞からしか卵子が採れず、ほか6 個は空 […]

【Q&A】転院~岡野先生

ぱんださん(34歳) 今の病院で体外受精をして6年目くらいになります。 毎回受精卵ができ、胚盤胞にもなります。 しかし、移植を10回以上しても着床しません。 着床前診断以外の検査はすべてしました。 転院を考えたほうがいいですか? 絹谷産婦人科の岡野真一郎先生に伺いました。 岡野 真一郎 先生 (絹谷 […]

【Q&A】遺残卵胞とERA検査について~井上先生

ソフィアさん(34歳) 質問① 次の生理で自然周期での初めての凍結胚移植を予定しています。 家庭の都合で海外で体外受精を行なっており、1回目の採卵でPGT-A正常胚を6個凍結しています。 以前からプロラクチンの値が高く定期的に血液検査していますが、先日31ng/mLとなり、カバサールを処方されました […]

【Q&A】不育症の検査が必要ですか?~田中雄大先生

Kさん (28歳) 顕微授精をして3回目の移植で陽性となりました。 経過は順調でしたが、18週で破水し、徐々に羊水の量が減り、21週で人工中絶しました。 産科の医師から、胎盤の病理検査の結果、感染が認められたが破水の原因なのか、破水したから感染したのかはわからないとのことでした。 次回は、通院回数を […]

オンライン質問会蔵本ウイメンズクリニック 蔵本 武志 先生

蔵本ウイメンズクリニック 蔵本 武志 先生久留米大学医学部卒業、山口大学大学院修了。山口県立中央病院産婦人科副部長、済生会下関総合病院産婦人科部長を経て、1990年オーストラリア・PIVETメディカルセンターへ留学。帰国後、1995年蔵本ウイメンズクリニック開院。JISART(日本生殖補助医療標準化 […]

【Q&A】卵の質について~小田原先生

みみさん(42歳) 先日42歳になりました。 採卵の際、刺激方法や薬などの調整によって卵子の質が改善されると聞いたことがあります。 またサプリでも卵子の質向上をうたっているものを見かけます。 ここでいう卵の質とは、見た目のグレードが良かったり、胚盤胞になることを指すのでしょうか。 今までアンタゴニス […]

【Q&A】体外受精、20代で5度移植も妊娠しない~生田先生

Rさん(29歳) 26歳で不妊治療開始しました。 AIH5度目で妊娠し、第一子を出産。 出産後、半年で治療を再開しましたが、AIH5度も妊娠せず、体外受精にステップアップしました。 29歳で採卵40個。前核期胚10個、胚盤胞23個。 胚盤胞4aaを今まで5度移植しましたが、化学流産1回、心拍確認前の […]

【Q&A】ホルモンバランス~向田先生

りっきーさん(40歳) 不妊治療を始めて約4年、現在はPGT-Aで治療中です。 最近、生理が不順のため薬でくるようにしています(今まで2回投薬を行いましたが、今回も生理が来ないため投薬を指示されています)。 長年の不妊治療で投薬によるホルモンの状態を整えてきたため、体が不調になっているのだと思ってい […]

【Q&A】これからの治療方針~生田先生

nicoさん(37歳) 29歳の時にがんになり、抗がん剤治療前に8個の胚盤胞を凍結しました。 抗がん剤、放射線、ホルモン治療をした後、34才から凍結した胚盤胞を戻しましたが、稽留流産2回、化学流産1回で、あとは着床せず卵がなくなりました。 この卵たちを希望に治療を頑張ってきたのでかなりショックでした […]

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。