難しい用語がいろいろと出てくる不妊治療の現場。

治療でよく聞く用語だけど、あまり正確に知らないものも多いのでは?

勘違いや思い込みを防ぐためにもしっかり確認しておきましょう。

クリニックの先生に用語の解説をしていただきました。

ART

assisted reproductive technologyの略語です。

不妊治療のひとつ、生殖補助医療のことです。

人為的に体外で卵子と精子を受精させ、母体に受精卵を移植する治療法で、受精方法には体外受精顕微授精などがあります。

タイミング療法や人工授精といった一般不妊治療とは区別され、高度で専門的な技術が必要とされます。

左右ともに卵管が閉塞している場合、重度の乏精子症、精子無力症を原因とする不妊症の場合、排卵障害抗精子抗体陽性の場合、検査をしても原因がわからない場合などが、治療の対象となります。

わが国では1983年に初めて体外受精による赤ちゃんの誕生以来、431,626人(2014年、日本産科婦人科学会)が生まれました。

日本全体の出生数の4%超になります。

未成熟な卵子を体外で成熟させる方法、優れた培養液、薬剤、医療器材なども次々と開発され、ARTのスタート時よりその医療技術は大きく進歩しています。

しかし、一方で卵子の老化を止めることはできないのも事実です。

福田 勝 先生

福田 勝 先生 順天堂大学医学部・同大学院修了。米国カリフォルニア大学産婦人科学教室留学後、順天堂大学医学部産婦人科学教室講師を経て、1993年福田ウイメンズクリニック開院。
用語集TOP

難しい用語がいろいろと出てくる不妊治療の現場。治療でよく聞く用語だけど、あまり正確に知らないものも多いのでは?勘違いや思い込みを防ぐためにもしっかり確認しておきましょう。クリニックの先生に用語の解説をしていた[…]

用語集の最新記事

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。