腹痛、胃痛が激しいです

排卵誘発剤の投与後、腹の痛みがす。の治療法で大丈?

ック 蔵本 武志  先生 久留米大学医学部卒業、山口大学大学院修 了。山口県立中央病院産婦人科副部長、済 生会下関総合病院産婦人科部長を経て、1990  年オーストラリア・PIVET メディカルセンター へ留学。帰国後、1995 年蔵本ウイメンズクリ ニック開院。JISART(日本生殖補助医療標準 化機関)理事長。久留米大学医学部臨床教授。

相談者:meronnpan(35不妊治自力で胞が 150 の注12 排卵誘発剤を 262218 ミリほかのが何 個排卵誘発剤の注射を2 腹がみがグ法をですその後胃の痛まし 尿つも通り出て大丈

 

生理がこない原因としてはどのよなことが考えられるでしょうか?

蔵本先生●自力で月経がこないとのこと。  データが少なく、以前は定期的に月経があったかどうかも不明ですが、排卵障害がありますね。排卵障害の原因としては、   中枢性のものと卵巣機能低下が考えられます。AMHの値が1.4ng/ml ということで 35 歳の年齢としては低値ですが、卵胞はある程度できているようですので、中枢性の視床下部などの機能異常もあるので はないでしょうか。一度、月経初期の血中LH、FSH、プロラクチン値を測定してください。LH、FSHが低い場合は中枢機能の低下、高い場合は卵巣機能 が低下していると考えられます。ただ、排卵誘発剤(HMG注フェリングR)の注射を150 単位で 12  日間注射し3  個卵胞が育ったということですと、卵巣の反応もあまり良くないかもしれません。

排卵誘発剤でお腹の張りや胃の痛みが出ることはありますか?

蔵本先生●meronnpanさんが おっしゃる排卵誘発剤の注射とは、最後に排卵を促すHCG製剤のことだと思いますが、排卵に伴う痛みに加え、複数の卵胞が排卵・黄体化したため「卵巣過剰刺激症候群(OHSS)」といって卵巣が腫れて少し腹水が溜まった状態ではないでしょうか。経腟超音波検査で卵巣はどれくらい腫れているのか、腹水が溜まっていないかどうかを診てもらってください。画像検査としては、経腟超音波検査、そして腹水が溜まると血液が濃縮し、その程度を示すヘマトクリットを調べる末梢血検査、血中のエストロゲン(エストラジオール、E²)の検査などがあります。腹水が多くあればカバサールRを服用したり、血中のE²値に問題があればレロゾールを内服するなどしてエストロゲン値を下げさせます。安静を取り、塩辛いものを控えれば落ちつくと思います。

排卵障害のある方の治療方法はほかにどんなものがあるでしょう ?

蔵本先生●meronnpan さんはAMHが低く、3年間治療されて結果が出ていない状況です。さらに35   歳前後からは妊娠率が低下します。排卵誘発剤を 使用すれば、卵巣過剰刺激症候群や多胎妊娠のリスクが伴います。逆に使用しなければ排卵できないという、薬ではコントロールしづらいケースのようです。

人工授精ですと、今回と同じ症状を 繰り返す可能性もあるので、やるとしても1回。それより、早めに生殖医療    専門の病院で、体外受精や顕微授精など、より妊娠率の高い生殖補助医療に 進まれるのがいいと思います。

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。