ARTへステップアップ

ARTへステップアップ。

40 代半ばで採卵するなら どんな方法がベスト?

40代、それも半ばを迎えてしまってか ら体外受精を試みる場合、卵子はちゃん と採れるのでしょうか。

どんな排卵刺激 法で、何個くらい採れば妊娠の可能性が 見えてくるのか、東京HARTクリニック の岡先生に詳しいお話を伺いました。

岡 親弘 先生 慶應義塾大学医学部卒業。その後、同大学産婦人科に入局。不妊症・不育 症の研究治療を行い、「ローズレディースクリニック等々力」院長を経て、2000 年に不妊症専門クリニック「東京 HARTクリニック」を開院。2005 年アメリカ 生殖医学会にて、ヒト胚盤胞のガラス化保存法とASの有効性についてHART グループとして発表し、日本人で初めて表彰される。

ドクターアドバイス

●高齢での体外受精は期限を決めて挑戦を。
●胚盤胞にならない人は初期胚で戻すことも。
●卵子数を確保して、いい胚を早めに移植。
とよみんさん(44歳)からの相談 Q.妊活歴4年で、タイミング法で妊娠5回。そのうち4回は稽留流産、1回は自 然流産でした。不育症検査で第Ⅻ因子凝固活性29.2%。AMH0.81 ng/ml。潜 在的慢性甲状腺炎でチラーヂンⓇを服用し機能は安定しています。ちなみに最後の妊 娠は、2 年前でバイアスピリンⓇを服用していましたが、胎囊のみで心拍確認までい きませんでした。  遅まきながらARTへのステップアップのため転院しました。体外受精顕微授精を するにあたり、採卵方法に種類がありますが、私の場合どの方法がベストか悩んでい ます。ぜひアドバイスをお願いします。

40 代半ばの年齢でも卵子は採れますか?

岡先生 年齢が 44 歳、 45 歳くらいでAMH(抗 ミュラー管ホルモン)の値が1ng/ml 以下で あっても、数個の卵子が採れるかもしれませ んが、出産に至る状態の卵子かどうかは難し いところだと思います。可能性にかけてこの 年齢から体外受精に挑戦するのはいいと思い ますが、何回も何年も続けるというのは厳し いのではないでしょうか。採卵してもいい受 精卵が極めてできにくい状況になっていると 思うので、ある程度期限を決めて臨まれるこ とをおすすめします。

どんな卵巣刺激法で何個くらいの卵子獲 得を目指したらいいですか?

岡先生  40 代半ばの人でもいい胚盤胞ができ て、出産まで至るケースも確かにあります。 しかし、それはかなりまれなこと。

アメリカの着床前診断のデータによると、37 歳くらいまではできた胚盤胞の半分程度は 正常で、2個戻せば1個は出産まで至るとい う確率です。 38 ~ 40 歳までの正常の割合は3 個に 1 個、 42 歳くらいだと5個に1個、 43 歳 を超えると8~ 10 個に1個程度の割合に。 染色体異常で流産してしまうことを考えれば 3個胚盤胞ができても足りないくらい。卵巣の 予備能が少しでも残っていて、卵子が複数個採 れる可能性がある人なら、できれば7個程度の 卵子を獲得することを目指したいですね。

数の確保を考えたら、排卵刺激法はアンタ ゴニスト法でいいのではないでしょうか。月 経が始まって2日目、3日目頃に卵胞の状態 を見て、育ちやすそうなものが何個くらいあ るかで最終的な刺激の方法を決めていきます。 本当にベストな周期になるように、注射の量 も考えて育てていかなければいけません。

高齢だと胚盤胞までなかなか到達しないということもあるので、それをひたすら待つの ではなく、3日目の初期胚でも戻してしまっ ていいのでは。いろいろ迷っている時間はな いと思います。

以前、自然妊娠の経験があっても、 40 代 ではもう無理?

岡先生 自然妊娠を何回か経験されている方 は、年齢が高くなってもなかなか体外受精に 踏み切れないことが多いようです。しかし、 いくら以前妊娠していても 40 歳を過ぎたら卵 子は待ったなしで老化していきます。その時 点では、一番妊娠する可能性が高い方法を選 んだほうがいいと思いますね。

流産しても 40 代半ばくらいでは当然のこと なので不育症などにはこだわらず、とにかく できるだけ卵子の数を確保して、ある程度状 態のいい胚ができたら、早めに移植まで持ち 込むことが得策だと思います。

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。