Q 卵胞があまり育ちません。 どんな刺激法がいいの?

石原 尚徳 先生 高知大学医学部卒業。神戸大学医学部大学院修了。医学博士。 兵庫県立成人病センター、兵庫県立こども病院の勤務を経て、2008 年より久保みずきレディースクリニック菅原記念診療所。不妊治療から 周産期・小児医療まで、地域に根ざした総合的なサポート体制が整う 同クリニックで、不妊治療/婦人科、産科の外来を担当する。定期的 に接骨医に通院されている先生は、その教訓からご自身も本でマッサー ジを勉強中。サッカーやバレーで体を酷使しているお嬢さんや息子さんを 気づかって、30分の本格的なマッサージをしてあげることもあるそう。

ドクターアドバイス

●年齢やAMHの値を考慮するとショート法や再度アンタゴニスト法もおすすめです。
●卵胞チェックの時点で自己注射の増量が可能。採卵数が増えるケースもあります。
ソラマメさん(38歳)からの相談 Q.初の体外受精で卵胞があまり育ちませんでした。気になったの がD3のホルモン検査でFSHが17.7mlU/mlだったこと。先生 から「少し数値が高いから注射を強めにしておくね」と言われ ました。4カ月前の検査では10を切っていました。ピルは3カ 月前から高温期に服用しています。今回はアンタゴニスト法で、 HMGフェリングⓇ150単位とゴナールエフⓇ150単位を3日 目から自己注射。結果、卵胞4個で採れた卵子は1個。その1 個は受精せず移植キャンセル。次はロング法でと言われていま す。また卵子が採れないのではないかと不安です。①ピルの副 作用で卵胞の成長に影響はありますか? ②次はロング法です が、高齢かつ前回の卵胞が4個の私に合うのでしょうか? ③D 7の検査でも卵胞は3個しか確認できませんでした。この時点 で刺激法を変更することはできなかったのでしょうか?

ソラマメさんはピルの副作用を気にされ ています。

ピルについて教えてください。
石原先生 ピルにはエストロゲンプロゲス テロンが含まれています。
2つの女性ホルモ ンにはそれぞれ役割があり、たとえば、エス トロゲンは視床下部に卵胞が発育しているこ とを伝え、プロゲステロンは子宮内膜を厚く して受精卵が着床しやすくなるように作用し ます。
当院では人工授精の場合、黄体ホルモ ンが少ない方や内膜が薄い方には、排卵期以 降にピルを使用することがあります。
また、ピルには排卵を抑える働きがあり、 体外受精では一時的に排卵を抑え、卵巣の 状態を安定させるために使用することがあ ります。
こうすることで排卵誘発剤を使用 する周期に卵胞が育ちやすくなります。
ピ ルが卵胞の発育に影響することは基本的に ないと思います。

このような方にはどのような刺激周期法 がよいのでしょうか。

石原先生 刺激周期法には代表的な方法が 3つあり、月経3日目から排卵誘発注射剤 +アンタゴニスト製剤を使用する「アンタ ゴニスト法」、月経の約1週間前から点鼻 薬+注射剤を使用する「ロング法」、月経 開始1日目から点鼻薬+注射剤を使用する 「ショート法」があります。
どの方法を選択 するかは年齢とAMHの値によって判断し ます。
この方の場合はAMHが 2.5ng / ml と そこそこにありますから、ロング法で卵胞 が育つ可能性があると判断されたのでしょ う。
この選択も決して悪くはありません。
当院であれば、ショート法もしくは、再 度アンタゴニスト法をおすすめします。
ショート法はロング法にくらべて卵胞を発 育させる力が強いことから、卵巣の予備機 能が低く、強い卵巣刺激が必要な方に適し ています。
一方、アンタゴニスト法はPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)やOHSS(卵 巣過剰刺激症候群)など、いわゆる卵巣が 過剰に反応し、卵胞が育ちすぎる方に適し ています。
AMHの値にかかわらず、どの タイプの方にも使いやすいというメリット があります。

検査時点で刺激周期法を変更することは できますか?

石原先生 この方はHMG製剤のフェリン グⓇとFSH製剤のゴナールエフⓇを使用さ れています。
刺激周期法を変えるという意 味で、当院ではこのHMGやFSHの投与 量を増やすことはよくあります。
ソラマメ さんの場合も投与量を増やしてもよかった のかもしれません。
粘り強く増やしていく と「今回は採卵をキャンセルするかもしれ ません」と言っていた方でも、しっかり採 卵できることがあります。
ただし、もとも と卵巣の予備機能が低い方には効果が現れ にくく、時間と費用だけかかってしまうこ ともあります。
初めての体外受精でたまた ま卵胞が4つだったのでがっかりされてい るのかもしれませんが、周期によって発育 卵胞数は変わりますから、次回はたくさん 採れる可能性もあります。
>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。