【Q&A】これからの治療について~浅田先生

エリコさん (39歳)
夫42歳、妻39歳、不妊治療歴5年です。
AMHは0.8、誘発方法は低刺激、男性不妊もあり顕微授精です。
また、治療開始当初に精索静脈瘤手術済です。
採卵は13回、5年前から受精卵が凍結できるような結果になりません。
具体的にはダイレクト分割や3日目での分割停止等で治療開始から同じ結果です。
数回、分割胚移植もしましたが着床していません。
夫婦でサプリや食生活など気を付けていますが、5年前と全く変わらない状況で行き詰まっています。
私達はかなり厳しい状況にあるのでしょうか?

浅田先生に聞いてきました

浅田レディースクリニック 浅田義正 先生
名古屋大学医学部卒業。1993 年、米国初の体外受精専門施設に留学し、主に顕微授精を研究。帰国後、日本初の精巣精子を用いた顕微授精による妊娠例を報告。現在、愛知県の名古屋駅前、勝川、東京・品川にクリニックを開院。著書に『不妊治療を考えたら読む本』(講談社)など多数。

※お寄せいただいた質問への回答は、医師のご厚意によりお返事いただいているものです。また、質問者から寄せられた限りある情報の中でご回答いただいている為、実際のケースを完全に把握できておりません。従って、正確な回答が必要な場合は、実際の問診等が必要となることをご理解ください

39歳の方で、不妊治療を5年、採卵は13回されているということですが、この間クリニックは何回変わったのでしょうか。
同じクリニックで採卵を13回されていたとしたら、それは賢い選択とは言えません。
クリニックによって培養の仕方、卵巣刺激の仕方、いろいろなものが全部違います。
AMHが0.8で元々卵巣予備能がよくありませんので、卵巣刺激を十分にはできません。低刺激という言葉は、好きではありません。卵巣予備能に見合った刺激をするだけのことです。
低刺激がよい、高刺激がよいというのは、非常に不合理な用語の使い方だと思います。
卵巣予備能に合わせた刺激をきちんとしてくれるクリニックで治療することが大切です。
成熟卵の成熟度によって受精率も変われば、その後の胚盤胞到達率等、多くが変わってきます。
アドバイスとしては、結果がでなければどんどんクリニックを変わって、レベルの高い卵巣刺激、培養技術を持った所へ転院するのが一番賢い選択だと考えます。
5年間治療していたというのは、ほめられることではありません。
サプリメントや食生活で卵はよくなるものではありません。
とにかくクリニックを変えて、別の道を歩んでいただきたいと思います。
治療がよければ5年間で2~3人妊娠できたかもしれません。
このような患者さんを見ると私は非常に悲しくなりますし、残念でなりません。

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。