【Q&A】 内膜の薄さについて~浅田先生

浅田先生に聞いてきました

浅田レディースクリニック浅田義正先生  名古屋大学医学部卒業。1993 年、米国初の体外受精専門施設に留学し、主に顕微授精を研究。帰国後、日本初の精巣精子を用いた顕微授精による妊娠例を報告。現在、愛知県の名古屋駅前、勝川、東京・品川にクリニックを開院。著書に『不妊治療を考えたら読む本』(講談社)など多数。

※お寄せいただいた質問への回答は、医師のご厚意によりお返事いただいているものです。また、質問者から寄せられた限りある情報の中でご回答いただいている為、実際のケースを完全に把握できておりません。従って、正確な回答が必要な場合は、実際の問診等が必要となることをご理解ください。

ぐんまちゃんさん(27歳) 
こんにちは。
妊活を始めてもうすぐ1年になります。
クリニックに通い始めたのは2ヶ月ほど前からで、現在3週期目になります。
ホルモン値や卵管造影検査、ヒューナーテストなど一通りの検査を終えて全て問題なく、
毎月排卵チェックもしています。
ただ、毎回、排卵日付近や排卵後の内膜が10mmなく、少し薄いのでは?と思っています。
クリニックの先生には特に指摘はされていないのですが、今回も排卵後2〜3日で8.7mmでした。
前回も8mm前後だったかと思います。
8mm前後でも問題ないのでしょうか?
内膜が厚い方が着床しやすいと思いますが、内膜を厚くするにはどうすればいいでしょうか?
また、AMH検査をした際に、9.56とかなり高かったのも気になっています。
生理は30日周期で毎月来ていて、ホルモン値も異常なかったため、こちらも問題ないとクリニックの先生には言われています。

大切なのはきちんと排卵するかどうかということで、その際には内膜の厚みはそれほど重要ではありません。
7ミリ以上であれば遜色ないと思われます。排卵の時に薄くても、着床まで1週間程度時間がありますのでそれほど気にすることはありません。また、子宮内膜が毎月厚くなるのは受精卵のための低酸素環境を作るためですので、何ミリ以上であれば妊娠できる、という話ではありません。
ご自身の体をケアすることは妊娠後の赤ちゃんのためには有効ですが、妊娠率の上昇には繋がりません。
不妊の原因は0.1ミリ程度の卵の中で起きており、外からは本質的な原因は分かりません。
27歳の方でも、一人の赤ちゃんが生まれるために平均10個以上の卵子が必要です
また、20代でも、受精卵の半分くらいには染色体異常があることが分かっています。
あくまでも卵子を主体にして不妊治療を考えてほしいと思います。
プレコンセプションケアというのは、妊娠してからの問題を解決するために体作りをしていこうというもので、それを行ったからといって妊娠率が上がると誤解してはいけません
AMHが高値ですので多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)です。
PCOSの方は普段排卵しにくく、成熟卵を採ろうとすると多数が同時に育ちます。
安全に効率よく結果を出すには、PCOSの治療に慣れた専門の先生のところで治療してください。
正しく不妊治療を理解していただき、早く妊娠していただきたいと思います。
>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。