高FSH 低AMHでの妊活について~田中先生

子宮筋腫と低AMH…妊活中によく起こる不妊原因ではないでしょうか?

いっぺんに二つの原因に直面した治療希望さんのお悩みに、田中先生がお答えくださります。

 

田中 温 先生(セントマザー産婦人科医院)順天堂大学医学部卒業。越谷市立病院産科医長時代、診療後ならという条件付きで不妊治療の研究を許される。度重なる研究と実験は毎日深夜にまで及び、1985年、ついに日本初のギフト法による男児が誕生。1990年、セントマザー産婦人科医院開院。日本受精着床学会副理事長。順天堂大学医学部客員教授。

治療希望(41歳)私は41歳1ヶ月の女性です。 右に8cmと左に6cm他にも何個か子宮筋腫があります。 先日、不妊治療のため病院に行ったところ生理4日目の血液検査でFSHが49.2 その後の検査でAMHが0.1のため採卵ができないと診断されました。 その病院ではお手伝いできることがないと言われたので転院先を探しています。 このような状況ですが妊娠を希望しているので治療していただける先生または病院はありますで しょうか?

40歳以上という高年齢、AMHが0.1というほぼ0に近い状態を考えますと妊娠出産に至る可能性は非常に低いと考えます。

またFSHが高い点などから閉経に近い状況だと思われます。
このような場合には通常の体外受精、低刺激を行っても出産に至るまでの確率は1~2%だと思います。

こういったケースにおいて、私たちが行う方法は2つあります。
もしもあなた方が卵子提供でも構わないのであれば、卵子提供が一番有効だと考えます。
https://www.stmother.com/treatment/treatment11/

2つ目は他人の卵子ではなく自分の卵子でのみ妊娠を希望される場合には腹腔鏡下卵巣機能回復法をお勧めしております。
ご希望の場合には当院ホームページをご確認ください。
https://www.stmother.com/treatment/ransou/

なお東京近辺であれば、1回東京カウンセリングを行っておりますので、そちらにお越しいただければ詳しくご説明いたします。
東京カウンセリングの詳細につきましても当院ホームページをご確認ください。
https://www.stmother.com/support/tokyo/

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。