お腹 をペタンコに

夏に向けてコロナ太りを解消。2週間でスッキリを目指す!

コロナ禍で体重が増えてしまったという人、多い はず。でも、夏本番に向けて今のうちにスッキリ したいところ。運動が苦手でも毎日少し頑張れば、  2 週間で効果が感じられる方法を、トレーナーの   老久保あゆみさんに教えてもらいました。

ーソグスSuAiーナー 老久保さん 1984年富山県生まれ。加圧トレーニングを中心としたパーソナルトレーニング スタジオSuAi(スアイ)主宰。コンセプトは「ココロとカラダのサポート」。武蔵 小杉と調布のスタジオで指導するほか、今年2月からオンライントレーニングも 開始( https://www.kaatsu-supple.com/)。KAATSU JAPAN認定加圧インストラクター、ダイエット検定1級取得。https://suai.tokyo/
太ったと一番実感するのはお腹周りと下腹のたるみ。お腹を引き締めるには血流を良くして燃えやすい状態にしたうえで筋肉をつけること。腸とリンパの動きを活発にし、気軽にできる筋トレで頑張りましょう。

お腹をポンポンマッサージ

お腹に力を入れて、手を握って軽くポンポン叩きます。30 回が目安ですが、多くなっても大丈夫。腸を動かす運動になり、便秘解消にもつながります。

脇腹のくびれをつくる

骨盤の上から鼠径部に向かって、脇腹のお肉をこねるように動かします。やや強めに、くびれをつくることを意識して。脇腹に刺激を与えることで血行が促進され、むくみの解消に。

ウエストに効くマーメイドストレッチ

あぐらか横座りをして骨盤を立てます。両方のお尻をつけたまま、左手を上げ右の脇腹を縮めるように上半身を右側に倒し、左脇腹を伸ばします。体側が伸びたのを感じたら深呼吸をしながら30 秒キープ。反対側も同様に。

腹直筋ストレッチで背中引き締め

足を骨盤幅にしてうつ伏せに寝転がり、上半身を起こします。肩を下げて恥骨でマットを刺すように。腰が痛い人や体が硬い人はひじをついて無理のないように30 秒キープ。お腹と背中の引き締め効果が期待できます。

プランクで体幹を鍛える

お腹、背中、体幹の一石三鳥トレーニング。うつ伏せの状態で前腕とひじ、つま先を地面について体を浮かせます。体は床と平行、お尻が上がらないように注意して。最初は10 秒× 2 セットからスタートし、徐々に長く。体幹が鍛えられると基礎代謝が高まり、太りづらい体質に。
>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。