【Q&A】いい受精卵にならない~浅田先生

れなさん (35歳)
ご相談させて下さい。
体外受精を始めました。
AMHは年齢値の半分程しかありません。
採卵はPPOS法で、7個採卵、5個受精しましたが、受精後の分割グレードが良くなく、初期胚凍結になりました。
薬はhmgとヒスロンです。
11日目に見えていた卵胞は7~8個、E2が2100、一番大きい卵胞で21mm。
この日にHCGを打ち、35時間後の13日目に採卵しました。
すべてふりかけ受精です。
受精卵のグレードが悪いのは卵の質が悪いと聞きますが、誘発法でダメだった所はありますか?
顕微授精にすると改善しますか?
それとも培養液や培養法が合っていませんか?
AMHが低く質が悪い体質な䛾か、体質改善を徹底するしかないか悩んでます。

浅田先生に聞いてきました

浅田レディースクリニック 浅田義正 先生
名古屋大学医学部卒業。1993 年、米国初の体外受精専門施設に留学し、主に顕微授精を研究。帰国後、日本初の精巣精子を用いた顕微授精による妊娠例を報告。現在、愛知県の名古屋駅前、勝川、東京・品川にクリニックを開院。著書に『不妊治療を考えたら読む本』(講談社)など多数。

※お寄せいただいた質問への回答は、医師のご厚意によりお返事いただいているものです。また、質問者から寄せられた限りある情報の中でご回答いただいている為、実際のケースを完全に把握できておりません。従って、正確な回答が必要な場合は、実際の問診等が必要となることをご理解ください

PPOS法で採卵をされ、受精後の分割グレードが良くなく、初期胚凍結をされたそうですが、なぜ、グレードが悪いからと、初期胚凍結をされたかが疑問です。
しかし、一番重要なのは卵巣刺激を行っている中で、どの段階で成熟卵をとるかということです。卵の成熟度の違いにより、受精率、胚盤胞到達率が変わります。
れなさんの主治医は、今回の治療が一番良い結果が得られると判断し、治療されていると思いますが、卵巣刺激の方法および、成熟卵を採るタイミングを変えてみることが良い結果につながるのではないかと思います。
また、培養方法等、クリニックの培養レベルも関係します。
卵巣刺激の方法と培養室のレベルも、今の結果につながっていると思いますのでので、他のクリニックで治療をされることも良い結果につながるかもしれません。
>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。