【Q&A】卵管水腫について~田中先生

精液検査の結果が悪い場合、体外受精にステップアップするしかないのでしょうか?

田中先生にお聞きしました。

ノア・ウィメンズクリニック 田中 宏明 先生 聖マリアンナ医科大学卒業。慶應義塾大学病院、東京歯科大学市川総合病院リプロダクションセンター、海老名総合病院などで約25 年間にわたり不妊と周産期医療に携わる。2018年、ノア・ウィメンズクリニック院長に就任。一人ひとりの生き方に配慮した、オンリーワンの診療に努める。医学博士(大阪医科大学)、日本産科婦人科学会認定専門医。
※お寄せいただいた質問への回答は、医師のご厚意によりお返事いただいているものです。また、質問者から寄せられた限りある情報の中でご回答いただいている為、実際のケースを完全に把握できておりません。従って、正確な回答が必要な場合は、実際の問診等が必要となることをご理解ください。

ふみさん(35歳)

今まで7回移植し、一度も陽性になりません。
先日、卵管水腫を指摘されました。
手術の話もあったのですが、手術をすることで着床の可能性は上がりますか?

卵管水腫とは、卵管に水が溜まって腫れている疾患です。
卵管内に貯留している内容物が子宮内に逆流することによって子宮内膜に悪影響を及ぼし、着床障害の原因になっていることが指摘されております。
腹腔鏡手術を行うことにより改善される可能性はありますが、確実に着床率が高まるとも言えません。
腹腔鏡手術は入院して全身麻酔下の手術となるため、身体的負担もかかると思います。
もしこれまで行っていなければ、子宮内膜着床能検査(着床の窓を特定し最適な胚移植のタイミングを調べる検査)、子宮内膜炎の有無を調べる検査などを行う事をおすすめします。
>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。