【Q&A】 排卵しなくなった原因と誘発剤について ~田中先生

二人目不妊も不安が多いですね。

一人目は、普通にできたのに…今度は思うようにいかない。そんな焦りもあるのかも…

田中先生に聞いてきました

セントマザー産婦人科医院田中 温 先生 順天堂大学医学部卒業。膨大な数の研究と実験は毎日深夜にまで及び、1985 年、ついに日本初のギフト法による男児が誕生。1990 年、セントマザー産婦人科医院を開院。現在も研究と実験に精力的に取り組んでいる。日本受精着床学会副理事長。順天堂大学医学部客員教授

らんらんさん(33歳)

 私は3年前に1人目を自然妊娠し、今2人目不妊で治療中です。 

 2人目の妊活開始後4ヶ月で自然妊娠しましたが、妊娠3ヶ月で流産しました。その後生理は来たもののなかなか妊娠しない ため、産婦人科にかかっています。 

 もともと生理周期が45日、生理後30日ほどで自然排卵していたので、HCGのみのタイミング法を続けていましたが、3ヶ月前にはHCGをしたのに卵胞が30mmを超え、LUFかもと言われました。 

 そのときはルトラールを飲んだので生理がきましたが、その次の周期はいつものタイミングで排卵せずプラノバールでリセット しました。 

 今月はクロミッドを飲みましたが、33日目になっても排卵せず、HMGを追加しながら様子をみています。 

 ここからが質問なのですが、排卵しなくなった原因としては何が考えられるのでしょうか? 

 できればクロミッドや注射なしで排卵するように戻したいです(クロミッドを飲んだら、のびおり→排卵検査薬陽性が生  理後30日以降3回ほどあったが、排卵しなかった。以前この現象は排卵直前のみだったので、クロミッドは体に合ってないの ではと不安)。でも、薬なしで30日以上待って内診しても卵胞が9mmほどしか育っておらず、そこからHMGを追加して結局薬で リセットしたりするので、どうしたらいいかわかりません。 

 原因を探るための検査や、治療のアドバイスなどあれば教えていただけるとありがたいです。 

 ちなみにエコー検査ではネックレスサインは見えませんでしたが、8〜10mmの卵胞がいくつかあったので、多嚢胞かもと言わ れています。 

 

元々月経周期が規則正しい方ですので、まずは基礎体温をしっかり付けて2か月ほど様子を見られてください。

残念ながら流産となっておりますが、2人目も自然妊娠されておりますので、妊娠の能力は十分にあるという証明だと思います。

元々月経周期が45日と少し長めです。普通の人よりも1.5倍ですので、やはり卵巣の機能は普通の方と比べると多少は問題があるとは思われますが、同じような方でも妊娠されている方はたくさんおられます。問題は45日で正確に排卵しているかということです。45日だと年に2回ほど排卵日が減ってしまいますので、やはり30日ぐらいの周期にしたほうが有利であることは間違いありません。

クロミッドを服用する副作用としては卵胞が排卵しない黄体化未破裂卵胞の確率が高くなり、内膜が薄くなり、頸管粘液が減る等もありますが、排卵誘発能力は十分ありますので飲む価値はあると思います。

なるべく自然に近い状態を試したいのであれば、クロミッドの前にセキソビットというお薬を服用されてはいかがでしょうか?セキソビットは子宮内膜への影響がほとんどありません。しかし排卵誘発力が弱い為に月経周期が長い方には効果が表れにくいかもしれません。その場合にはフェマーラというお薬を試されてはいかがでしょうか?こちらもクロミッドよりも自然に近い排卵誘発剤ですのいい結果が出ると思います。注射を打つのはもう少し控えてもいいのではないでしょうか?基礎体温がしっかり二相性に分かれているのであればまず心配ないと思います。血液検査、黄体ホルモンの値はそれほど気になさらなくていいと思います。

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。