【Q&A】男性不妊に伴う治療の進め方について~北村先生

検査を終えて、分かったのは…男性不妊だったようです。

そして、顕微授精に進む方向になって、色々と心配ごとも…

顕微授精しか方法はないのか?何か自分で出来ることはないのか?

北村先生にお聞きしました

明大前アートクリニック●北村 誠司 先生 1987年慶應義塾大学医学部卒業。2008年荻窪病院虹クリニックを開設。退職後、2018年明大前アートクリニックを開設。1989年からIVF及び内視鏡下手術に従事。子宮鏡下手術による胚移植の改善、腹腔鏡下手術による子宮筋腫、内膜症の解消、改善を積極的に図ると同時に、妊娠困難症例に対しても新しい治療法を取り入れています。

かなっぺ さん(38歳)昨年10月に不妊クリニックに通い始めましたが、大きな子宮筋腫が見つかり、 治療をする前に摘出を勧められて今年2月に摘出手術をしました。 子宮筋腫は、元々婦人科検診で毎回指摘をされて定期的に受診をしていました。

他院で昨年8月には4cm位で経過観察と言われましたが、 10月に不妊クリニックを受診したところ10cm以上あると言われて手術をすることになり、 術後は1cm位のものが2個残っています(急に大きくなった原因は不明)。

7月より妊活再開が許可されて再度不妊クリニックを受診。

私自身は様々な不妊検査で特に問題がなかったのですが、夫の精液検査の結果が全項目標準以下で 「人工授精をしても良い結果は得られないと思うから顕微授精をした方がよい」と言われました。 夫の数値結果では、やはり顕微授精でしか方法がないのでしょうか。

初めての不妊治療で、人工授精等も超えていきなり顕微授精ということに、 身体的に負担のないのか等、とても不安に感じています。

また、病院の受講必須の不妊学級のスケジュールの都合で、高度生殖治療を始められるのが早くても11月です。 それまでの間、何かできる治療や、やっておくべき治療等はありますか。

私自身は、少しでも可能性があるのであれば人工授精にもチャレンジしたいと思っています。 男性不妊の治療方法などもあれば、教えていただきたいです。

「1回の精液検査での総運動精子数(精液量x濃度x運動率)が34万、これは正常受精(タイミング/人工授精/通常の体外受精・媒精)出来る目安の1000万を大きく下回っています。

精液検査を再検査しないと確実な事は言えませんが、顕微授精でないとご夫婦の精子と卵は受精しない可能性が高いかもしれません。

まず、精液検査を再検査したうえで男性不妊の専門医の診察を受けるのが宜しいでしょう。

ホルモン検査や精索静脈瘤の有無を調べます。精路(精子の通り箇所)の炎症が疑われる場合は、抗生剤を投与します。特に異常が認められない場合は、漢方薬やサプリを試す場合もあります。」

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。