原因不明。卵子の質。一度も妊娠しません。 ~浅田先生

不妊治療でよく耳にする原因不明の不妊治療…

不明だと、何をしてよいのか分からなくなることもあるかもしれません。

その場合、どんな検査をしていくのがいいのでしょうか?

浅田先生に聞いてきました。

 

浅田レディースクリニック 浅田 義正 先生 名古屋大学医学部卒業。1993 年、米国初の体外受精専門施設に留学し、主に顕微授精を研究。帰国後、日本初の精巣精子を用いた顕微授精による妊娠例を報告。現在、愛知県の名古屋駅前、勝川、東京・品川にクリニックを開院。著書に『不妊治療を考えたら読む本』(講談社)など多数。

ゴロミさん(32歳)24歳で結婚をし、26歳から子作りを始めましたが授からず、20代のうちに数え切れないほど のタイミング法と2度の人工受精をしましたが授からず。

30歳で転院をし、体外受精顕微受精を合わせて計3回の治療を行いました。  それでも授からず、精神的にも肉体的にも身体がもたず去年の秋頃治療をやめてしまいま した。

私の現状としては、昔から変わらない強い生理痛、小さな子宮内膜症(現在は萎縮して問題 なしと言われてる)、子宮ポリープの手術もし、内膜炎の除菌もしました。

3回目の時に卵子の状態がよくないねとだけ先生に言われました。

胚は1回目も2回目も初期胚1つだけしか凍結できず、3回目は凍結すらできませんでした。  基本的に原因不明不妊とのことでしたので、心が折れてしまい不妊治療をやめてしまいま した。

子供を授かることを諦めきれず仕事復帰もできず、不妊治療開始からずっと専業主婦でい ます。

卵子がよくないならどうしたらいいのでしょう。原因不明と言われた私には何が出来るので しょう。

生活も規則正しく、食事も気をつけ、睡眠時間も多いタイプ。

タバコも吸わず、お酒も嗜む程度。

特別変わった事はしていません。

どうしたらよいのか…。

アドバイスお願いします。

 

20代でAMHが2を切っている、というのは、卵巣予備能が低く、早く閉経となる、という体質の方だと思います。

今までにいろいろな治療をされてきたようですが、不妊治療において、体のケアとか、よい食事をする、ということは関係ありません。あなたの体に残っている、32年間保存された卵を使う訳ですから、卵のほとんどは痛んでいます。痛んでいない卵、というのはありません。その中で受精して、赤ちゃんまで育つ遺伝子の組み合わせとなったものが、赤ちゃんまで育っていく、というのが本質です。

できるだけ多くの受精卵を作る、というのが、あなたにとって一番大切な選択です。よい卵を選んで育てる、ということはできません。

体外受精の調節卵巣刺激がしっかりでき、その上で受精率が悪いなど何か異常があったときに、「原因不明」と答えるのではなく、根本的な原因がわからなくても、一生懸命考えて研究している先生のところで治療するしかない、と思います。

このアドバイスで、あなたがまた不妊治療をしたいと思うかどうかわかりませんが、体は休まっても、年齢を重ねれば重ねるほど卵子は老化し、どんどん痛んでいきますので、可能性がより低くなってしまいます。卵巣予備能も低いので、再開するのであればなるべく早く、卵のことがしっかりとわかっている、レベルの高い施設で治療していただきたい、と思います。

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。