卵管水腫~藤本先生

卵管因子の不妊治療もよく耳にする悩みですね。

今回は、卵管水腫の方からの質問です。手術するべきか?しなくてもいいのか?

藤本先生にお聞きしました。

 

藤本 尚先生

日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医、臨床細胞学会細胞診専門医。札幌医科大学産婦人科、神谷レディースクリニック 副院長を経て、医療法人社団 さっぽろARTクリニック開院し理事長に就任。2019年5月 医療法人社団 さっぽろARTクリニックn24開院。
おニャン子クラブさん(29歳)両側卵管水腫と診断をうけ、手術をしたらいいかどうか迷ってます。 

 今は採卵が終わりお休み周期です。 

 私が通ってるクリニックの先生はあまり  手術を勧めていませんが、ネットで調べたりジネコの質問会でほかのクリニックの先生は  手術をすれば確率が4倍あがると言っていたので、体外受精の確率が上がるのであれば手 術したいと思ってます。 

 しかし、もちろん手術をするのも怖いですしお金もかかるのでやらなくてもいいのならばやり たくはないです。 

 現在凍結8個あるので1度移植をしてダメだったら手術を真剣に考えてます。  手術はした方がいいでしょうか。

おにゃん子クラブさん、こんにちは。

おニャン子クラブさんの質問に100人の先生が答えると意見は割れる質問かなと思いました。手術を勧める先生もいれば進めない先生もいるかもしれません。卵管水腫の程度や状況によって返答も変わると思われます。僕自身の返答は結論から申し上げると、おニャン子クラブさんの考えている方向でいいかなと考えています。

卵管水腫の手術は腹腔鏡手術になりますが、やはり体に傷をつける侵襲的手術になります。

手術をすることで、1回あたりの確率が上がるかもしれませんが、100%(手術後に1回で妊娠できる)になるわけではありません。手術をせずに移植することで本来ある確率(29歳の妊娠率)より少し妊娠率は低下してしまうかもしれませんが、ゼロになるわけではありません。29歳という年齢でAMHもしっかり年齢相当以上あるのであれば、卵管結紮や、卵管切除などの侵襲的手術はせずにまずは1-2回胚移植を行い、妊娠しなかった場合に改めて手術を検討するというのは妥当な選択肢の一つと思います。このあたりは人それぞれの考え方で、少しでも妊娠率が下がるなら先に手術をしたいという人もいれば、手術は怖いからまずは何回か移植をしてみたいという人もいるかと思います。おニャン子クラブさんの年齢と凍結胚の個数やAMH値を考えれば、どちらが正解でどちらが不正解というものではなく、おニャン子クラブさんの希望された方法が正解と言えるかなと思います。

いずれにしろ、29歳で凍結胚が8個あるとのこと、、移植が楽しみですね。頑張ってください。

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。