体外受精しか可能性はない?

一般的に不妊治療は、タイミング療法、人工授精体外受精・・・とステップアップして進めて いくものですが、時には、早い段階から体外受 精や顕微授精でなければ難しいケースもありま す。

どんな場合にそうなるのか、また体外受精 とはいったい、どんな治療なのか。

体外受精の 根本的な考え方も含め、浅田レディースクリニッ クの浅田義正先生にお聞きしました。

 

浅田 義正 先生 名古屋大学医学部卒業。1993年、米国初の体外受精専門施設に留学し、主 に顕微授精を研究。帰国後、日本初の精巣精子を用いた顕微授精による妊娠例 を報告。2004年、浅田レディースクリニック開院。2006年、生殖医療専門医 認定。2010年、浅田レディース名古屋駅前クリニック開院。2018年4月には、 東京の愛育クリニック(旧:愛育病院)内に、浅田レディースクリニックの生殖医療ユ ニット(仮)が開設予定。勝川、名古屋に次いで、関東エリアでも浅田先生の不妊 治療が受けられるようになります!

初めての治療から体外受精をすすめる場合、どのようなケースがありますか?

これは一番大まかな判定ではありますが、精子の所見でいうと、運動精子の濃度が1 ml あたり 1 千万 以下であったら体外受精スタート、100万以下であれば顕微授精スタートになります。

女性側の所見でいえば、当院ではX線ではなく超音波を使っていますが、卵管造影検査で、両側卵管が詰まっていれば体外受精の適応です。

また、AMH(抗ミュラー管ホルモン)の数値も重要な判断材料になります。

AMHは卵巣予備能、つまり卵巣にどれくらい卵子が残っているかを予測する検査ですが、AMHは個人差が非常に大きく、特に 40 歳以降であればAMHがほとんど0で卵の数が十分にないため、治療を急がなくてはいけないケースは意外と多いもの。

その場合も早めの体外受精をおすすめします。

体外受精をすると妊娠率は格段に上がるのでしょうか?

基本的にはそうです。通常 1 周期1 個の成熟卵しか発育しませんが、体外受精ではもっと多くの成熟卵が1 周期で得られ、その分何倍もの妊娠率になります。

ただ、体外受精をやれば全員が即、妊娠できるかといえばそうではありません。

体外受精とは、一般不妊治療で障害となる部分をすべてバイパスする治療法ですから、受精卵ができるのは当たり前。

体外受精の妊娠率とは、その受精卵を子宮に戻して順調に育つかどうかの確率です。

そこには、卵子本来の性質や、カップルごとの違いなど複雑な要素があるのです。

それはどんなことでしょうか?

ひとつはAMHが示す卵子の減少。

もうひとつは、卵子の老化です。

精子は常に新しくつくられますが、卵子はその人が生まれる前につくられたものがずっと卵巣の中に保存されていて、新しくつくられることはありません。

要するに、年齢と共に卵子も老化していくわけで、その老化によって染色体異常や染色体分離異常などメカニカル的な細胞分裂がうまくいかず、妊娠率や出生率が下がっていきます。

さらに、お二人の遺伝子のバランスという要素もあります。

たとえば、当院では、 35 歳未満では1回採卵して2回の移植で 50 %は妊娠できますが、なかには 20 代後半や 30 代前半でも、 10 回目くらいの移植でやっと妊娠できる人もいます。

受精卵はカップルお二人の遺伝子のバランスによって確率の高い場合と低い場合があるように感じています。

しかし、同じカップルでも受精卵 1 個ずつには兄弟の差があります。

遺伝子の偶然の組み換えによって、受精卵一つひとつ個性があります。

したがって、1個目で妊娠できる人もいれば、5個目、 10 個目と時間のかかる人もいます。

ただ、受精卵がきちんとできていて、それを1個ずつ戻していけば、何個か先には赤ちゃんになれる受精卵とめぐり合えるだろうというのが、体外受精の現場で我々が日々実感していること。

なかなか妊娠できないと、自分にどんな原因があるのだろうと思うかもしれませんが、体外受精にいたっても究極の原因は受精卵であって、受精卵の品質はすべて同じではないというのが最終的な条件になるわけです。

体外受精=試験管ベビーと呼ばれたことがあるように、体外受精にはまだまだ心理的な抵抗を感じる方も多いかと思います。

そんな方へのメッセージをお願いします。

1978年、英国のロバート・エド ワーズ博士らによる世界初の体外受精成功によってルイーズ・ブラウンさんが生まれました。

当時は、今のようにディッシュがなく、受精卵を試験管に入れて培養したため「試験管ベビー」といわれました。

現在、体外受精によって国内で累計約 20 万人が誕生し、世界では 6 00万人の体外受精のベビーがいるといわれます。

そのルイーズさんは2006年に自 然妊娠で男児を産み、2010年にはエドワーズ博士がノーベル医学生理学賞に輝きました。

そして、ルイーズさんは今、こんな言葉を残しています。

「IVF(体外受精)で生まれてき た人たちは、当たり前ですがほかの皆と同じです。

イイ子もいれば悪い子も、賢い子もいればそうじゃない子もいます。

生まれてすぐに私を調べた最初の医師が発した言葉は“普通の赤ん坊”だったそうです。

そして大人になり、私は普通の女性になりました。

私たちは普通の人間です。ただ生まれてくるのに、科学の力を少し必要としただけなんです」

当事者からのこれ以上のメッセージ はないのではないでしょうか。

体外受精適応のケース

AMHが低い

AMHが低ければ、残っている卵子の数自体 が少なく、治療できる時間も限られてきま すから、早めのステップアップで体外受精 へと進めます。

ただ、年齢が若ければ、数 が少なくても卵子の老化による妊娠率の低 下が少なく、受精卵ができればその年齢の 妊娠率が期待できます。

2人目、3人目を 望むのであれば、卵を余分に採っておいて から治療するという作戦も立てられます。

早発閉経で卵子が少ない人と、高齢でAMH が低い人では、受精卵ができても結果的に だいぶ違います。

運動精子の濃度が低い

精子の所見については、何もしていなくて もその所見は大きく変動します。

大まかな 目安として運動精子の濃度が1mlあたり 1000万以下であったら体外受精、100万 以下であれば顕微授精が適応すると考えて います。

逆に3000万以下であれば人工授 精から、それ以上であればタイミングなど からも始められると思います。

当院で体外 受精を行う場合には、受精障害などがある ケースに備えて、採卵した半分の卵子には 顕微授精を行うスプリットという方法を採 用しています。

両卵管が詰まっている

最初から体外受精を選択せざるを得ないの は、両卵管ともが完全に詰まってしまって いるケース。

よくレントゲンでの卵管造影 検査で卵管が太いとか細いとかいいます が、ほとんど意味がありません。

卵管は通っ ていれば問題がないと思っています。むし ろ、痛みの強いレントゲン検査をして無事 通っていることがとわかっても、妊娠しな ければステップアップしなければいけない のは同じこと。

当院では、痛みの少ない経 腟超音波下での卵管造影検査を行って判断 しています。

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。