転院についてのご相談です

2回の顕微授精で多数採卵 できたのに1個も凍結できず、 転院を考えています

生田 克夫 先生 名古屋市立大学医学部卒業。名古屋市立大学産科婦人科学教室助 教授、名古屋市立大学看護学部教授などの経歴を重ねたが、不妊に 悩む名古屋の方たちの役に立ちたいという思いで、教育者の立場を辞し て独立。地元・名古屋の中心部、栄に開院し、1986年から体外受 精の現場を歩いてきた経験と穏やかな人柄で、数多くの患者さんを妊娠 に導く。日本と外国で発表された過去の論文を、十数年分もノートに書 き溜めているという生田先生。休みの日もそれを見ながら治療がうまくい かない人のことを考え、ヒントが見つかると患者さんに相談して新たな治 療法を試しているのだとか。
あさん(42歳)からの相談 Q.最初のクリニックの初回診察でAMH9.63ng/ml、LH6.91mIU/ml、FSH3.77mIU/ ml。卵管造影と甲状腺異常なし、ヒューナーテストはエクセレントといわれたが、動い ていない精子多数あり。タイミング時の卵胞は18〜20㎜。タイミングを9カ月続けた が妊娠せず体外の相談をするもタイミングとヒューナーを勧められ転院。2軒目では重 度の男性不妊で体外受精は無理、顕微授精が望ましいといわれました。自然周期によ る顕微授精1回目で夫(45歳)の精子は液量1.5ml、濃度36.0M/ml、運動率31%、 正常形態率0.4%。採卵した7個すべてが受精分割、1個胚盤胞になるも基準に満た ず破棄。2回目はセロフェンⓇ(全部で1.5錠)による周期で11個採卵でき9個受精、 分割。2個胚盤胞になるも基準に満たず破棄。2回の採卵で1個も凍結できず転院を 考えています。

ご主人が重度の男性不妊と診断されたとい うことですが。

生田先生 正常形態率が 0.4 %は確かに低い ですが、重度といえるかは疑問です。
WH Oの基準がどんどん厳しくなり、 20 年以上 前と違って今は精子濃度1500万以上、 運動率 40% 以上、正常形態率 4 %以上なら 正常です。
ご主人は形態が問題ということ ですけど、どのような異常が多いかにより ます。
精子の頭の横幅がちょっと大きいと か、そういうのも受精しないのかは微妙。
これは受精 ・ 妊娠できる基準とはまったく 関係ありません。
運動率がちょっと悪いか なと思うけど、精液所見というのは良かっ たり悪かったり一定じゃないのでね。

体外受精は無理、という点は?

生田先生  31 %動いて生きている精子があ るので無理とまではいえないですよ。
たと えば卵が 11 個もあるんだったら、一部を顕 微授精をしてみて、残りは媒精して受精す るかどうかですね。
ただ、その時に十分精 子が集まらないような精液所見だと媒精で は無謀かもしれません。

先生がご覧になって、あさんの問題点など はありますか?

生田先生 あまり問題はないですね。
AM Hが高いから卵巣に卵子はいっぱいある。
でも年齢が高いので、染色体異常の頻度は 増えてきます。
異常卵は不良胚になってい く可能性が高いので、それもあって胚盤胞 ができないということはあるかもしれませ ん。
そうでなくて体外での培養という環境 がストレスで胚盤胞にならないということ ならば分割胚で戻せばよくて、わざわざ外 で胚盤胞まで培養する必要性はないです。
子宮の中と培養の環境とを比べたら子宮の ほうが遥かに良いのですから。
胚盤胞にな れる卵は分割胚で戻しても妊娠するはずで す。
もし分割期胚でも調子が悪ければ、刺激の仕方をもっと軽くして卵が育ってくる 間の負担をかけないようにして採卵してみ るとか。

生田先生でしたら、今後どのように治療を 進められますか?

生田先生 活性酸素を除去するようなサプ リメントを飲んでもらい卵巣の環境を良く します。
卵子に含まれるミトコンドリアは、 5000個くらいだったのが 10 万個くらいま で成長とともに増えていき、これが受精 ・ 分 割のエネルギーをつくります。調子の悪いミ トコンドリアが増えると当然、その後が進ま なくなったりするので、徹底的に卵胞が発育 する卵巣の環境を整えるのもひとつ。
あとはご主人の精液の今現在の状態がわか らないのではっきりしたことは言えません が、ちゃんと受精してるから男性不妊はあま り関係がないと思います。
精子の状態が悪い、 ないしは活性酸素が精巣 ・ 精液中でできると 精子の染色体 ・ 遺伝子がバラバラになる、と いうような報告があり、それが習慣流産や不 妊の原因になるか、という議論はいろいろあ るけど、男性側にも活性酸素を除去するよう なサプリメント飲んでもらうぐらいでいいん じゃないかなと思います。
>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。