未成熟卵体外培養について

卵巣機能不全で治療中。 未成熟卵子体外培養法を 試すべきか悩んでいます。

絹谷 正之 先生 愛媛大学医学部卒業。広島大学医学部産科婦人科学教室入局。その 後、東京の山王病院リプロダクションセンターにて高度生殖補助医療研 修、顕微授精を修得。1999年にはカナダ、アメリカにて高度生殖補助 医療研修を行う。2000年、絹谷産婦人科副院長、2002年より院長 に。広島県産婦人科医会常務理事。ISO9001やJISART(日本生 殖補助医療標準化機関)の認定を2010年〜2011年に取得。この 夏は10日間くらいの日程で、息子とのヨーロッパ旅行を計画しています。 フランス、スペイン、イタリアの歴史的建造物を観るのも楽しみですが、最 も楽しみにしているのがパリからヴェネツィアへの寝台列車に乗車するこ と。今からワクワクしています。
たぬとっとさん(36歳)からの相談 Q.卵巣機能不全で通院し、FSHは50 ~ 100mIU/mLの高値です。大学病院で プレマリンⓇとルトラールⓇのカウフマン療法をしましたが、変化なし。結婚の予定 があったため、母と診察を受けましたが「子どものいない人生もあります」とバッ サリ言われました。その後担当の先生を変えてもらい、カウフマン療法をしなが らナサニールⓇ点鼻薬を併用。血液検査ではじめてFSH値が20くらいまで下が りました。その後、クロミッドⓇを使用しましたが、卵胞は成長しませんでした。現 在は3カ月ほど、プレマリンⓇも毎日服用中。卵胞が5~6mmから大きくならず、 内膜も8mmまでしか厚くなりません。そこで目にした、未成熟卵子体外培養法 です。体外培養で育つ確率も低く、体外受精等も確率は低いのはわかっています が、どうなのでしょうか?

未成熟卵子体外培養法

たぬとっとさんのこれまでの治療内容につい て、どう思われますか?
絹谷先生 そうですね、これまでの流れからす ると、彼女はいわゆる早発閉経… 40 歳に満た ないのに、卵巣機能がかなり衰えていて排卵が 起こらなくなっているようですね。
このことから 最初の先生は妊娠することは難しいと判断され たのでしょう。
そう言われた理由としては、F SH値がとても高く、100 mIU / mL を超すこと もあるからでしょう。
FSHは測る時期にもよ りますが、 6 ~ 8 mIU / mL 程度が普通です。FS Hが異常高値であるということは卵巣機能がか なり低下していることを意味しています。
さま ざまな要素がありますが、概ね値が 40 mIU / mL を 超えていれば、閉経を迎えていると判断されま す。
このことから「子どもをあきらめる」とい う決断をする方もいらっしゃれば、「なんとか子 どもを授かりたい。どうしても子どもがほしい」 と考える方もいらっしゃいます。
そういう方に は、成功率は低いのですが、彼女のようにカウ フマン療法や点鼻薬を使って治療していくこと になると思います。
たぬとっとさんの場合は、理由は不明です が、卵巣機能が非常に早く衰えてしまっていま す。
またいつからなのかは不明ですが月経不順 だったと書かれていますね。
そして、クロミッ ドⓇ も使ってみたけど、卵胞が育たなかったと。 果たしてこれからどうするか?
というところ で、未成熟卵子体外培養法を見つけられたので しょうね。
確かに早発卵巣不全の方で、未成熟 卵子体外培養法で受精卵が得られたという報 告があります。
ただし、そんなに高い確率では ないようですね。
一言で「排卵をしない」と言っ ても、いろいろな原因が考えられますので、原 因によっては未成熟卵子体外培養法が無効と判 断される場合もあるかと思います。

未成熟卵子体外培養法は25%

未成熟卵子体外培養法について、もう少し 詳しく教えていただけますか?
絹谷先生 僕が調べてみた報告によると、 88 症例 88 周期のうち 28 周期( 31・8 % )で卵胞が 育ったとあります。
さらにそこから卵子を採取 できたのが 23 周期( 82・1 % )だったとありま すので、卵子が採取できたのは全体の約 4 分の1 となります。
治療全体 88 周期で正常受精で きた卵子が 16 個、凍結保存できた胚が 13 個と なっていて、全体の約 15 % とかなり割合は低い ようです。
症例数がまだ少ないので、はっきり としたことは言えませんが、治療法の選択肢の ひとつではありますね。

原因追求から始めよう

今後のアドバイスをいただけますか?
絹谷先生 一般的には、なぜ 30 代にして卵巣機能がここまで衰えてしまったのか、原因を探り ます。
染色体異常や免疫の異常などがあるか どうか調べ、その上で治療方法を検討し、今後 の方針を決めます。
残念ながらほとんどは「原因不明」となり、また、結果によってはご本人 にとって厳しい決断をしないとならないかもし れません。
でも、もしまだ原因を探す検査を 十分にされておられないのであれば、検査をさ れてみてはいかがでしょうか。
その結果によって は、卵胞があるということですので、未成熟卵子体外培養法を試みられてもいいのではないで しょうか。
また、クロミッドⓇ 以外にH M G 製 剤を用いた排卵誘発を試されてみるのもいいと 思いますよ。

30代後半の最新記事

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。