自分に合う「サプリメント」どう選べばいいですか?

晩婚化やライフスタイルの変化にともない、 現代の男女は妊娠しにくい状態にあるといわれています。 特に食生活の変化は体内環境に大きく影響するので、 必要な栄養素をきちんと摂って体調を整えることが大切です。 毎日の健康管理に、サプリメントは どのように役立つのでしょうか? また、どんな選び方をすればいいか、 塩谷先生にお聞きしました。

ウェブ『ジネコ』に寄せられたコメント

サプリメントは どう摂ればいいの?

みゆさん 専業主婦 33歳 Q.赤ちゃん待ち4周期目です。サプリメントは摂らないほ うがいいのでしょうか? 出産経験者の方、教えてく ださい。葉酸は最低限摂取しています。 なるべくサプリメントは飲みたくない気持ちはあります。 サプリメントには防腐剤などが入っていると思うので、 それらを摂取する不安からです。しかし赤ちゃんが順 調に育ってくれるか心配な気持ちもあります。普段の 食事で栄養素が足りるのか不安で。栄養不足から赤 ちゃんに何か影響が出たりしないかと考えてしまいま す。リスクが少ない無添加などおすすめのサプリメント なんてあるんでしょうか? あれば教えてください。

妊娠によい サプリについて…

なっちさん 専業主婦 24歳 Q.結婚して3 年目になります。2 回妊娠できましたが、 どちらも流産してしまいました。 主人には、亜鉛サプリを飲みはじめてもらいました。 私もこれからサプリを飲みたいのですが……。 亜鉛、ザクロ、ビタミンC、ビタミンD、を飲んでみ たいのですが、調べていたらザクロに女性ホルモンを 期待できない? みたいな事を厚生労働省の発表が あったと書いてあったのを見てしまって、サプリ選びが できずにいます。 どなたか妊娠によいサプリや、体験談を聞かせていた だけたらありがたいです。

どんなサプリメントを 飲んでますか

とーみなさん 主婦 36歳 Q.3度目の体外受精に挑戦しましたが、残 念な結果になってしまいました。 今までサプリメントは飲んだことがな かったのですが、「次こそは妊娠したい!」 という思いで、何か飲んでみようかなぁ と思うようになりました。何かオススメ のものはありますか? 皆さんは、ど んなものを飲んでいらっしゃいますか? 人からすすめられるものもあるのですが ……どうなんでしょうか?

サプリメントに 興味を持つ患者さんは 多いですか?

実際に摂取されている方が多いですね。
サプリメントというのは、食事で不足しているものを補うのが本来の姿。
新鮮な季節の野菜や魚介類などを豊富に食べていれば必要ないものです。
しかし、現代のような飽食の時代だからこそ、食生活の偏りによる栄養不足が問題になっていると思います。

どのような栄養素が 不足して いるのでしょうか?

まず、妊娠時において特に重要で不足しがちな栄養素の代表が葉酸。
葉酸は、体づくりや胎児の先天性障害のリスク軽減に欠かせません。
妊娠中の人、これから妊娠を考えている人の両方に必要な栄養素ということは、よく知られていますね。
次に不足しがちなのは、ビタミンB、ビタミンC、鉄、亜鉛、マグネシウムなどです。
これらは食生活がインスタント食品や冷凍食品に偏ると不足するので、サプリメントで摂るのは大変いいことだと思います。
それから、最近、当院では受精卵によい影響があるとして、ビタミンDを積極的におすすめしています。
魚などに多く含まれる栄養素ですが、今まで過剰な摂取はよくないといわれてきました。
しかし一昨年、信頼できる海外の研究論文で、ビタミンDを摂取するほど受精卵のグレードがよくなるという報告があったのです。
ビタミンDは摂取するのが難しい栄養素の一つなので、やはりサプリメントの利用は有効だと思います。
しかしながら、皆さんにお願いしたいのは、サプリメントばかりに頼りすぎずに、もう一度、規則正しい食事や生活習慣を見直してほしいということです。
特に不妊治療で結果が出ずに治療が長期間に及んでいる方は、ビタミンや栄養が足りていないのではと、考え込んでしまいがちだと思います。
しかし、サプリメントは必要以上に飲んでも効果が得られないばかりか、かえって逆効果なこともあるので気を付けましょう。
たとえば、水に溶けずに体内に蓄積されるビタミンAなどは、摂りすぎると害があるので気を付けないといけないものの一つです。
摂りすぎると胎児の先天的な異常にもつながります。
ビタミンAを摂取する時は、体内に入ってビタミンAの働きをするカロテンという形で摂ったほうがいいですね。
逆に、葉酸、ビタミンCなどは水溶性のビタミンなので、いくら摂っても尿から排出されるので問題ありません。

サプリメントを選ぶ際の 注意点について 教えてください。

あれもこれもと、何種類ものサプリメントを摂ろうと思うと、結構費用がかかりますので、私が患者さんにおすすめしているのは、妊娠を考えている人に必要と思われる栄養素が、適切な量ですべて1つに含まれているサプリメント。
また、品質のよいものを選ぶことも大切ですね。
化学合成で大量生産されたものには粗悪なものもありますので、どのように製造されているのか厳しくチェックする必要があるでしょう。
クリニックやドクターが推奨するものから選ぶのもいいと思います。
そして、何より普段の生活習慣を大切にすることを忘れないでくださいね。
妊娠しやすい体をつくるのに大切なことは、バランスを整える ということ。当院でもヨガや鍼灸などいろいろ行っていますが、 そのなかの1つに、サプリメントの摂取があります。飽食の時 代、必要な栄養素は食事でも十分摂れていますが、妊娠のため の栄養素はサプリで補うことも必要といえます。
塩谷 雅英 先生 島根医科大学卒業。卒業と同時に京都大学産婦人科 に入局。体外受精チームに所属し、不妊症治療の臨 床に取り組みながら研究を継続する。1994~2000 年、神戸市立中央市民病院に勤務し、顕微授精によ る赤ちゃん誕生に貢献。2000 年 3月、不妊専門ク リニック、英ウィメンズクリニックを開院する。
>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。