グリスリン最新情報をレポート

現場の医師が語る! 可能性の広がる〝グリスリン〞前編

PCOSや生理不順の改善などに 役立つことが知られる〝グリスリン〞ですが、 「それだけではなく、不育症など、 他にも可能性があります」と語るのは、 レディースクリニック北浜の奥先生。 その理由を、今号と次号でスペシャルレポート。 治療中の方は必読の内容です!

レディースクリニック北浜 院長 奥 裕嗣 先生 1992年愛知医科大学院修了。蒲郡市民病院勤務 の後、アメリカに留学。Diamond Institute for Infertility and Menopause にて体外受精、顕微 授精等、最先端の生殖医療技術を学ぶ。帰国後、 IVF大阪クリニック勤務、IVFなんばクリニック副 院長を経て、2010 年レディースクリニック北浜を 開院。医学博士、日本産婦人科学会専門医、日本 生殖医学会生殖医療専門医。
 ほほいさん(年齢秘密)Q.1回目の妊娠は完全流産。2回目は出産 できたものの初期の切迫流産。3年空い て2人目をと、治療して3 回目の妊娠。 しかし9 週目で稽留流産。5カ月後、4 回目の妊娠するも、化学流産……。不育 症の検査は異常なしでした。やはり体質 は変わらない? 心が折れそうです。原因 不明な不育症の方、妊娠した時はどうでし たか?
りんさん(38歳)Q.人工授精8回目にやっと妊娠したものの、 胎のう確認のみの初期流産。体外受精に 進み、初めての初期胚移植で化学流産。 1年に2回も流産するとは思ってもみず、 とてもショックです。同じ経験をされて妊 娠・出産した方、どんな治療をされました か? そもそも、不育症である確率ってそ んなに高いのでしょうか?

糖尿病治療薬と 同じメカニズムで 同様の効果に期待

不妊原因の1つともいわれている多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)
これを改善するとして注目を集めているのが、キノコのマイタケから抽出される天然由来成分〝グリスリン〞です。
さらに近年の研究結果では、PCOS以外にも血糖値や血圧、中性脂肪、体重管理などにもプラスの効果があることがわかり、幅広い分野での活用が期待されています。 
そんな話題の〝グリスリン〞について、他にも可能性があると語るのが、レディースクリニック北浜の奥裕嗣先生。
そこでジネコは、すぐに取材へ!
とても興味深いお話をしていただいたので、今号と次号、2回に分けてスペシャルレポートします!

まず、先生がグリスリンを使ってみようと思われたきっかけは何だったのでしょうか。

奥先生 きっかけは、糖尿病の薬の1つ、メトフォルミンの存在です。

14 年前にアメリカに留学していた頃、メトフォルミンと糖尿病の関係についての研究論文が世界で初めて発表されました。
その内容は、メタボリック症候群とPCOSの関係をはじめ、メトフォルミンによって高アンドロゲン血症やLH値が改善し、排卵障害の改善や、胚の質がよくなるというものでした。
そこで帰国後、PCO患者の体外受精治療に、メトフォルミンを使用しました。
すると、反復不成功例の、胚の質がよくないPCOSの患者さんに試したところ、胚質が改善され、妊娠された方も多くいらっしゃいました。
〝グリスリン〞も、このメトフォルミンと同じメカニズムを持っていることを知って、同じような効果が期待できるのではないかと思ったのです

PCOSにともなう 不育症改善策の 1つとしても注目

不妊治療をしている方に悩まれている方が多い不育症ですが、これにも効果があるのですか?
奥先生 はい。
当院では、PCOSにともなう不育症(流産)の改善策の1つとして、〝グリスリン〞に注目しています。
不育症は流産を2回以上くり返すことをいいますが、実は凝固系・免疫系の異常を調べる不育症検査をしても、異常が見つからないことが多いのです。
一方で、以前からPCOSの方は流産の確率が高いといわれており、PCOSの高アンドロゲン血症などが原因で流産する症例も多いのではないかと考えています。
前述の論文には、PCOSで流産をくり返す症例にメトフォルミンを投与すると流産が防できるという報告がありま
す。
流産を3回以上くり返していた人が、36 週目くらいまでメトフォルミンを服用することで、正常な赤ちゃんを出産したというものです。
そこで、私の患者さんで、不育症だが検査では異常がなく、PCOSを認め、流産をくり返していた方に〝グリスリン〞を試していただいたところ、該当する4〜5人のうち、3〜4人が出産に至りました。
このような〝グリスリン〞の応用も興味深いと思います
不育症でもPCOSにともなう症例には効果があるということでしょうか。
奥先生 不育症とPCOSの関係についてはあまり注目されていませんが、PCOSが原因で流産をくり返す方は確実に存在します。
不育症といわれる方にじっくりお話を聞くと、排卵障害があり、超音波検査ではネックレスサインが見つかってPCOSと診断されるケースが多々あります。
しかし、不育症検査ではなぜか異常が見つかりません。
実のところ、現場で見ていると、不育症といわれてPCOSが原因で流産されている方はかなり多いと感じます。
このような方に〝グリスリン〞を試すと、いい効果が表れるということです。
ただし、PCOSにともなう不育症でも、インスリンの抵抗性があるタイプと、インスリンの抵抗性がないタイプによってメトフォルミンの効果が大きく異なるため、〝グリスリン〞についても同様のことがいえます。
インスリンの抵抗性がない方が〝グリスリン〞を使用しても改善されない場合が多いですね。
一方、インスリンの抵抗性がある方は、LH値や男性ホルモン値も高い傾向にあり、とくに〝グリスリン〞は有効だと思います。
ですから、一言でPCOSといっても、必ずHOMA̶R値を調べ、インスリンの抵抗性を確認してから、症例を選んで使用することが大切です

天然由来だから 妊婦さんも◎ 薬と併用しても安心

クリニックでグリスリンを使用してみて、いかがですか?
奥先生 PCOSにともなう不育症については、明らかに効いているという印象がありますね。
また最近、不育症以外のこんな症例もありました。
もともとPCOSがある方で、何年間もピルを服用されていたのですが、ピルを中止後、排卵しないということで当院に来られました。
未婚で自然排卵を希望されたため、クロミッドⓇなどを使わずに、〝グリスリン〞を単独で処方したところ、その周期に入ってなんと妊娠されました。
その妊娠をきっかけに結婚して出産されましたが、これは〝グリスリン〞がよく効いた例ではないかと思います

マイタケ由来の天然成分ということで、〝グリスリン〞は自然治療の方法の1つとして注目されているのですね。

奥先生 メトフォルミンは、FDA(アメリカ食品医薬品局)基準のBカテゴリーに分類され、妊娠中に服用しても胎児の奇形には影響がないとされています。

ただ、下痢などの副作用があり、日本人の副作用発生率は 30 〜 50 %はあるような気がします。
そのため抵抗感のある方もなかにはいらっしゃいます。
その点、〝グリスリン〞は天然由来ですから、妊娠中でも安心して飲めるとおっしゃる方が多いですね。
また、単独で処方するほか、メトフォルミンの投与量を下げて併用することもできます。
何より、お腹の赤ちゃんにも安心して使用できるのがいいですね
>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。