メラトニン

難しい用語がいろいろと出てくる不妊治療の現場。

治療でよく聞く用語だけど、あまり正確に知らないものも多いのでは?

勘違いや思い込みを防ぐためにもしっかり確認しておきましょう。

クリニックの先生に用語の解説をしていただきました。

メラトニン

脳の松果体から分泌されるホルモンの一つです。わが国で は医薬品として取り扱われているため、サプリメントとして の販売は認可されていません。

体内におけるメラトニンの役割は、体内時計を調整し睡眠 のリズムを整える作用と、細胞を酸化ストレスから保護する 抗酸化作用です。

メラトニンは脳から分泌され、血流にのって全身に運ばれ ます。卵胞液中には血中濃度の2倍以上のメラトニンが存在 し、卵胞の発育に比例して増加することがわかっています。 そこで、メラトニンは排卵過程において生じる酸化ストレス から卵子を保護しているといわれています。

さらに、不妊症の患者さんヘメラトニンを投与すると受精率 や妊娠率が向上し、卵子の質の改善効果を認め、顆粒膜細胞の 保護作用により黄体機能も改善したという研究報告があり、不 妊症の治療の一つになるのではないかと期待されています。

笠岡 永光 先生

笠岡 永光 先生 滋賀医科大学医学部卒業。滋賀医科大学医学部産科婦人科 学講座入局。守山市立守山市民病院、呉共済病院、真心会 野村産婦人科勤務などを経て、2007年に笠岡レディース クリニックを開設。
用語集TOP

難しい用語がいろいろと出てくる不妊治療の現場。治療でよく聞く用語だけど、あまり正確に知らないものも多いのでは?勘違いや思い込みを防ぐためにもしっかり確認しておきましょう。クリニックの先生に用語の解説をしていた[…]

用語集の最新記事

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。