二人で楽しくリフレッシュ!都心近くで牧場体験

 

 

しま

岩﨑崇さん(29)&美愛さん(29)夫婦

結婚 5 年目。崇さんはフリーランス でWEBマーケティングの仕事、美 愛さんは看護師として働いている。 旅行が好きで、コロナ禍になる前は 二人で定期的に計画し、温泉やリ ゾート地へ出かけていたそう。

教えてくれるのはこの人

 

磯沼ミルクファーム 代表  磯沼正徳さん

農業短大卒業後、約 60 年前に農家だった父親 が牛 1 頭から始めた牧場の後を継ぐ。その後、 乳加工製品作りも開始。現在、搾乳牛が 45 頭 の他、乾乳牛、育成牛なども飼育。「食卓の隣 の牧場」がモットー。多くの人に牧場に親しんでもらうため、乳搾り体験などに力を入れている。

気軽に牛に会えるオープンファームへGO

東京・京王高尾線山田駅から徒歩5分。住宅地を抜けた途端、のどかな草原が広がり、放牧されている牛や羊たちがお出迎え。時折「モー」という鳴き声が響き渡ります。訪れたのは八王子市の磯沼ミルクファーム。

「毎日、牛の顔を見に来る人もいますよ」と代表の磯沼正徳さんが言うように近所の人たちから愛されているオープンファームです。

今回、牧場体験に訪れたのは岩﨑崇さん・美愛さんご夫婦。まずは子牛との散歩からスタート。生後4カ月のホルスタインの手綱を引くのは崇さん。その横を美愛さんが子牛に声かけをしながら歩きます。時折、走り出しそうになる子牛の動きを抑制しながら歩くのは大変かと思いきや、「可愛いですね。子牛自身が楽しくなって前へ行きたくなったんじゃないかな」とニコニコ顔で話す崇さん。

その後、牛の餌やりをしながら磯沼さんが「牛は命がけで人間に奉仕するけなげな動物」「牛のミルクと人類のつきあいはもう1万年」とさりげなく、そして熱く二人に話してくれました。さらに乳搾りとバター作りに挑戦した岩﨑さんご夫婦。あっという間に3時間が過ぎました。

牧場の概要や体験内容を 磯沼さんがレクチャー

牧場の歴史から、ホルスタイン、ジャージーだけでなく 全国でも珍しい牛が 6 種類いるなど特色を説明してくれ る磯沼さん。岩﨑さん夫婦は熱心に耳を傾けています。

 

生後 4 カ月の子牛と丘の上の牧草地帯まで散歩

まずはブラッシング。子牛とコミュニケーショ ンをとることから始めます。気持ち良いので安 心し、信頼してくれるそう。

子牛の少し前方を、声をかけながら歩くのが 基本。思うように動いてくれない子牛を美愛 さんが後ろから押すようにサポートします。

牧草地の羊たちにあいさつする子牛。二人もすっかり子牛と打ち解けてきたようです。

のんびりと草を食べる子牛に、見てい る二人も癒されます。「ほかではできない貴重な体験だね」

自分たちの手から 牛たちへ餌やり

いつも干し草のほか、おからや野菜などが入った餌を食べている 牛たち。美愛さんが差し出す餌やり体験用の干し草も一気に食べ てくれました。モグモグしている姿を見ているだけで癒やされます。

牛舎に入って母牛のミルクを搾る体験

親指を牛の乳房に見立て、搾 り方を教えてくれる磯沼さん。 二人とも真剣な表情。

右手で乳房を包み 込むように持ち、 人差し指から小指 へと力を込めると 温かいミルクが左 の手のひらに。

「ミルクは天然のローション。 ぜひ手につけてみて」と磯沼 さん。二人の手はすべすべに!

150mlの生クリームから バターを作る!

生クリーム 150mlの入った瓶を 15 分ほど振り 続けると脂肪が固まり、バターが完成。二人とも真剣な表情。

「ミルクの甘みが出ていておいしい!」(美愛さん)

主役のバターをパンにたっぷりつけてがぶり。

「香りも良いしクリーミーでめちゃおいしい。ふ つうのバターとは全然違う」(崇さん)と絶賛。

牛たちを眺めているだけでリラックスできる!

終了後、「いやあ、想定以上に楽しかった」と声を弾ませる崇さん。

「散歩で感じた子牛の力強さ、乳搾りでは搾りたての温かいミルクから牛の体温を実際に感じることができました。子牛の誕生から乳製品ができるまでの一連の 流れも知ることができて、命のありがたみをひしひしと実感しています」(崇さん)。美愛さんも「甘えるような表情やしぐさで磯沼さんに寄ってくる牛たちを見て、どれだけ牛たちがここで大切にされているかも伝わってきました。そんな牛たちを見ているだけで心がなごんだし、   思い切りリフレッシュできました」とすっきりした笑顔で語ってくれました。

調べてみると意外に街の近くに牧場が あります。ぜひネットでご近所に牧場がないか検索を!

「子牛の散歩は、僕らが連れて行ってもらっている感覚で楽しかった。癒やされたし、命のありがたみも感じました! バターは食べたことのない味でめちゃおいしかったです」(崇さん)

「動物って可愛い。牛たちを眺めているだけでリラックスできました。磯沼さんの牛たちへの愛情にも感動しました。お土産に買った飲むヨーグルトも濃厚なのに後味すっきり。チーズケーキも甘すぎず好みの味でした」(美愛さん)

牧場体験が夫婦で楽しむのに最適な理由

1

牛たちを見ているだけで、不思議と心が落ち着きます。動物は人の心 を癒やしてくれる貴重な存在です。

2

牛と仲良くなりたいと思う、その気持ちが一歩、自分を前へ出し てくれます。動物との触れ合いは元気を出すのに最適です。

3たみきる

子牛が生まれ育ち、親牛になってミルクを搾り、乳製品になるプ ロセスを知ることで命の尊さを感じられます。

体験した施設はココ!

(東京都八王子市小比企町 1625)

営業9時〜17時。年末年始以外無休。毎週日曜に乳搾り体験(約 60 分・ 費用 700 円)と、そのオプションでバター作り体験(約 30 分、費用 1000 円)  を実施。予約は電話にて(042-637-6086)。乳加工製品もココと JR 八王 子駅にあるセレオ八王子店で販売。

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。