排卵誘発剤と黄体ホルモン補充について~北村先生

妊活中は、検査結果に一喜一憂してしまいがち…黄体ホルモンが若干低いという判定に、その後排卵誘発剤を服用すると、これまであった排卵がなかなか起こらなかったみたいです。心配な気持ちを北村先生に聞いてきました!

北村 誠司先生 荻窪・虹クリニック院長を経て、2018年2月に「明大前アートクリニック」を開院。1989年より、IVF及び内視鏡下手術に従事。子宮鏡下手術による内膜ポリープの改善、腹腔鏡下手術による子宮筋腫の解消・改善を図ると同時に、妊娠困難症例に対しても新しい治療法を取り入れている。また、クリニックでは男性不妊も含めた高度生殖医療にも対応。新しいクリニックは白を基調としたスタイリッシュな雰囲気。最近、スポーツバイクを購入し、通勤されているという快活な先生です。
ラビさん(38歳)排卵誘発剤を使用する前は、自然周期で14日前後には卵胞20㍉程へ成長し、自然排卵していまし た。 セキソビットを初めて使用し、排卵まで18日かかり、次の周期には、セキソビットを増量しましたが、 さらに排卵までの期間が21日になりました。 そして先月はクロミッドを内服し、今度はかなり早くなり、10日目で18㍉になり、HCG注射で排卵とな り、ルトラールを10日内服しました。結局リセットしましたが、生理後も胸の張りがおさまらず、高温 期も続き、黄体ホルモンが残っているの?と思いました。 今までキッチリしていた周期が、ホルモン補充してから乱れてるため、一旦元に戻したいと先生に 相談し、今週期は排卵誘発剤を使用しませんでした。 すると、10日目での卵胞チェックでも、14日目での卵胞チェックも、全く卵胞が育っていません。 小さな卵胞すら見えず。ぼんやりとした10㍉ほどのものが見えるだけでした。 結局、クロミッドを飲むことになりました。 先生には、内服の影響では無い、年齢的なものあるし、育たない時もあると言われましたが、今ま で自然に卵胞が育ち、排卵ができていただけに、納得できていません。 内服は本当に影響ないのでしょうか? また、卵胞チェック10日の以前に排卵してしまっていたら、エコーでわかるのでしょうか? また自然排卵するようには、ならないのでしょうか?

セキソビットを2周期、クロミッドを1周期 内服、HCG注射も受けていますね。

その後に自然排卵しなかったのは、年齢が上がって卵巣機能が弱くなっている可能性も十分にあります。

しかし、セキソビット/クロミッド/HCG/HMG/FSH等のホルモン剤を使用した後に排卵障害を起こす

可能性も十分にありますので、内服等の影響ではないとは言い切れないと思います。

卵胞チェック10日目以前に排卵している場合、エコーで分かることは、排卵した卵巣に卵胞の痕跡が

見える場合があること、子宮・卵管周囲に卵胞液が見えることが多いこと、子宮内膜が厚くなっていることが

挙げられます。

また自然排卵するようになるかという質問ですが、現在の卵巣の状態もあるので

『2-3周期 様子を見れば、元に戻りますよ』などと気軽にはお伝えしにくいです。

排卵誘発を再開すれば、周期ごとの排卵は確保できるかもしれませんが、

薬を使いたくなければ、カウフマン療法のように生理3-5日からプレマリンを7日くらい内服したあと、

プラノバールを10日くらい飲んで卵巣を休ませる治療を2-3周期行えば、自然排卵が戻ってくる

可能性は上げられると思います。

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。