妊活体験談~女優・加藤貴子さん【前編】

不妊治療を経て44歳で初産、46 歳で第 2子出産3度目流産の手術台で決意。今度は必ずここへ出産に来る、と。

女優の加藤貴子さんは、 40代で2 度、出産を経験しています。

ジネコ主催のオンラインセミナー、インスタライブで妊活エピソードをお聞きしていますが、改めて不妊治療中のお話を伺いました。前編・後編に分けてお届けします。

女優加藤貴ん 1970年静岡県生まれ。95年より女優 として活動。以後、TBS系ドラマ『温泉 へ行こう』シリーズの主演をはじめ、同局 系ドラマ『花より男子』『南極大陸』、テ レビ朝日系ドラマ『科捜研の女』シリー ズなど多数出演。2013年10月、一般 男性と結婚。14年11月に第1子、17  年8月に第2子を出産。著書『大人の授 かりBOOK』が好評発売中。

自分の無知に腹が立ち後悔と焦りでいっぱいに

ジネコのオンラインセミナーなどでも明るく元気なキャラクターで人気の女優・加藤貴子さん。43 歳の時、4つ年上の絵描きで、介護士と花屋店員を掛け持ちで働くノビさんと結婚。  44歳で第 1子を、46歳で第 2子を出産しています。   実はご主人のノビさんとは 32 歳から交際していました。「妊娠したら入籍する」と決め、30 代からタイミング法を試みていたそうです。しかし、一向に授かる気配がありませんでした。一方、仕事は順調で、気づいたら40歳を過ぎていました。そんな矢先、子どもを授からない貴子さんを心配した知人が不妊クリニックを紹介してくれました。

「早速、電話をしたら、年齢を聞かれ、42歳と答えた瞬間、『すぐ来てください、1 週間以内にご主人と一緒に』と。その言い方に切迫感があり、初めて焦りを覚えました」

不妊クリニックへ二人で行き、精密検査を受けると、ノビさんにも原因があることが判明。精子の数が少なく、運動率も10%でした。

「その頃、ドキュメンタリー番組で卵子の老化を知り、さらに男性不妊を知って。いろいろ聞けば聞くほど、もう妊娠できないかもしれないと思い、いきなり不安のどん底に突き落とされた気分でした。子どもが欲しいのに無知だっ  た自分への怒り、後悔と焦りでいっぱいでした」

不妊治療の最初の壁は夫との意識のズレ

貴子さんの年齢とノビさんの精子の状態から顕微授精で治療を開始。ただ、どんなチャンスも逃さないように、トライできるときはタイミング法も試すよう言われていました。それゆえ、ドクターに排卵日を特定された初めての月に ノビさんに協力を求めました。しかし、介護士の仕事で疲れていた  ノビさんは「無理」と。

「その返事を聞いて積もり積もっていた小さな不満が一気に爆発し てありったけの言葉で夫を責めてしまいました。彼との本気度のズレが最初の壁でした」

決して許される言動ではなかったかもしれません。でも、思いの丈をぶつけたことで、貴子さんがどんなに苦しんでいたか、ノビさんはやっと理解してくれました。

2度目の稽留流産後、初めて涙を流した

不妊治療開始から 4カ月が経ち、初めての顕微授精で妊娠。しかし、喜んだのもつかの間、3カ月後に心拍が止まってしまいました。

「自責の念と悲しみに押しつぶされ そうな私に、夫が『妊娠  20カ月と思えばいいんじゃない』と。不妊治療      を受けている間も“命を育んでいる”=妊娠期間だととらえて楽しく過ごそうという意味でした」

もちろん  20 カ月後に出産できる確 約はありませんが、その言葉に貴子さんは少し救われました。

とはいえ、焦る気持ちも強く、貴子さんは間髪入れず   2度目のトライをします。精子の状態が改善されたのを受け、体外受精と顕微授精を行ったところ再び妊娠。しかし、今回も 赤ちゃんの成長は止まり、稽留流産に。それまで貴子さんは自責の念で 一度も泣いてなかったそうです。それが  2 度目の流産後、堰を切ったように涙が溢れ出ました。きっかけは 流産の掻把手術を終えた数日後のノビさんからの電話でした。

「月がきれいだよ。空を見てごらん」

と。夜空にはきれいな満月。中秋の名月でした。そこで、貴子さんはハタと気づきます。自分の体にお礼も言えてなかったことに。

「確かに不妊に対して無知すぎた。それは取り返しのつかないことだけど   罪ではない。今まで私なりに頑張って   生きてきたんだから、きっと 42 歳からの不妊治療が私にとって自然な流 れだったんだと素直に思えたんです」

入籍後、自然妊娠するも流産でも、体外受精で妊娠!

2度目の流産の後、貴子さんはノビさんと入籍。その直後、43歳で自然妊娠をしました。

「結婚を多くの人に祝福していただき、ものすごく幸せだったんです。それで自然妊娠できた気がします。心と体のリラックスの大事さを痛感しました」

しかし、また流産。さすがに3度は耐えられないと思いました。

「それでもあの中秋の名月から、自分を労る気持ちを持てるようになったこと、ドクターから『必ず加藤さんに赤ちゃんが来るようにベストを尽くすから諦めないで』と励ましていただいたことで、前向きな気持ちになれました」

この時も大きな支えになってくれたのがノビさん。

「一緒に写真を撮ろうよ。こんな日があったねって語れる日がいつか来るから、記念に」と。

その言葉に支えられ、流産の手術台に上った貴子さん。

「次にここへ来るのは出産の時。ここで出産すると決めました」

そんな静かな決意があったのと、3度目の稽留流産後に体調を崩したのもあり、仕事をセーブして不妊治療に専念することにしました。

その後、   3度目の体外受精にトライしたところ、無事妊娠。着床と同時にその日の夜から、胎児と胎盤の発育を助ける低用量アスピリンを服用して不育症の治療も始めました。その後、やっと心拍が確認できたと思いきや、今度は胎児の首の後ろに  浮腫が見つかるなど、一難去ってまた一難を繰り返す日々でしたが、44歳1カ月で無事に元気な男の子を帝 王切開で出産できました。奇しくも不妊治療を開始して20カ月目でした。

そして、その   1年3 カ月後、貴子さんは第二子の不妊治療を開始します。それには深いわけがありました。(後編へ続く)

インスタライブ配信中!

毎月 1 ~ 2 回、加藤貴子さんとのインスタライブを 配信しています。ジネコのインスタアカウントをフォ ローしてご視聴ください。

Instagram:https://www.instagram.com/happyjineko/

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。