子宮腺筋症でも妊娠できるでしょうか?

子宮腺筋症と診断され、 癒着と痛みがひどいです。 人工授精を進めてもいい?

絹谷 正之 先生 愛媛大学医学部卒業。広島大学医学部産科婦人科学教室入局。その 後、東京の山王病院リプロダクションセンターにて高度生殖補助医療研 修、顕微授精を修得。1999年にはカナダ、アメリカにて高度生殖補助医 療研修を行う。2000年、絹谷産婦人科副院長、2002年より院長に。 広島県産婦人科医会常務理事。ISO9001やJISART(日本生殖補助 医療標準化機関)の認定を2010年〜2011年に取得。取材時のプロ 野球・カープは絶好調で首位。カープファンなら誰しもが思う「今年のカープ は違う。今年こそ優勝だ」と。この好調が鯉のぼりの時期までではなく、ぜひ マツダスタジアムでリーグ優勝を見たいと強く願っているのだとか。
おひさまとおつきさまさん(34歳)からの相談 Q.20歳の頃から子宮内膜症チョコレート嚢腫といわれ通院。仕事ができないほどの 痛みで29歳からディナゲストⓇを服用。31歳で結婚、ディナゲストⓇを止め、その 頃に子宮腺筋症と診断されました。32歳で妊娠しましたが9週で流産。流産の手 術後、大量の出血と痛みで気を失うほどでしたが、子宮腺筋症のせいだといわれ、た だ鎮痛剤で耐える日々。半年後、激痛のためMRI検査を受けたところ、背中側臓器 や神経の癒着、子宮と卵巣が団子のように癒着していることが分かりました。今後 ですが、子宮が悪化するので卵管造影はせず、一度、人工授精をしようということに なったのですが、そんな状態で卵管が通っている可能性は低いような…。体外受精 をするか、痛みが分からなくなるように神経を切る手術、子宮腺筋症の手術のいず れかを自分で選択するよういわれ、結論が出ずに悩んでいます。

腺筋症手術は難しい

癒着と痛みがひどい、おひさまとおつきさまさんの治療をどう思われますか?
絹谷先生 彼女の問題は、妊娠したいという不妊症のことと、痛みがひどいこと。
場合によっては鎮痛剤を1日に5~6錠も服用されていますよね。
しかもそれが最近ではなく、 20 代の頃から何年も続いています。
2つの問題があります。
痛みに関しては、手術だと思います。
だけど妊娠ということになれば、その手術が本当にいいかどうか分かりません。
腺筋症は、なかなか手術しづらいと思います。
MRI検査でどんな状態かある程度分かった上で、先生も治療方針をいわれているのだと思います。
彼女が希望されれば、手術が行える程度だと思いますが、腺筋症は正常な子宮と境界が不明瞭だったりするので、子宮のどこまで取るか、難しい手術になるかもしれませんね。
だから、彼女に選択肢を示して、決断してもらうようにされているのでしょう。
また、痛みを取るための手術をするかどうか ですが、これはあくまでも痛みに対する対処ですが、これにともなって、骨盤腔内の癒着を剥がすことで、不妊治療としての効果も期待できるかもしれませんね。

腺筋症は内膜症のひとつ

腺筋症が不妊の原因なのでしょうか?
絹谷先生 もしかしたら不妊の原因にはなっていないかもしれません。
腺筋症は子宮内膜症の一つで、腺筋症になっていないほうが妊娠しやすいと思いますが、明らかに不妊の原因になるとは限りません。
そこが内膜症の難しいところです。
内膜症の人の中に不妊症が多いということは事実ですが、内膜症があってもすべての人が不妊症とは限りません。

ステップアップも視野に

今後の治療にアドバイスをお願いします。
絹谷先生 痛みに対しては、今まで鎮痛剤などいろいろと投薬で治療されている経緯があり、とはいえ腺筋症は薬物療法でよくなることはあまり期待できません。
痛みに関しては手術されるのがよいでしょう。腺筋症も痛みの原因になっていると十分考えられます。
もし、痛みはこれまでのように我慢していく のであれば、不妊治療としては、まずは人工授精、その次は体外受精だと思います。
彼女の場合、痛みがひどくなることを先生が危惧されて、卵管造影をせずに、人工授精をやってみようと提案をされたのでは。
必ずしも卵管に異常があるわけでもなく、もし癒着があったとしても問題ではないかもしれません。
もちろん全く卵管が通っていなければ、人工授精の効果はないですが。
年齢的にはまだ少し余裕があるかと思いま す。
人工授精を試してだめだったら、手術をして痛みや癒着を取り除いてから体外受精をしてもいいかもしれませんね。
私の経験でも、とてもひどい癒着があっても妊娠できた方は何人もいらっしゃいます。
きっと彼女の痛みはとてもつらいと思いますが、手術をせずにこれまで薬だけで頑張ってこられたので、強く妊娠を望まれているのでしょう。
人工授精、そして体外受精へと進まれるのがいいのかもしれませんね。
もしそれで妊娠できれば、内膜症が改善することも十分期待できますよ。

30代前半の最新記事

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。