卵子の質が悪く受精せず自然周期採卵なら妊娠できますか

臼井 彰 先生 東邦大学医学部卒業。東邦大学大森病院で久保春海教 授の体外受精グループにて研究・診察に従事。医局長を 経て、1995年より現在の東京・亀有にて産婦人科医院を 開業。5年前より不妊専門の治療センターに。臼井先生 の治療の基本方針は、患者さんの希望を最大限に取り入 れること。自然周期・超低刺激周期を基本にした、体に やさしい不妊治療を目指している。AB型・いて座。
るりさん 38 歳 Q. タイミング指導、人工授精4回を経て、昨年、 体外受精にトライ。採卵11個ですべて受精卵に ならず、その後、顕微授精で採卵6個も受精に 至らず、受精障害と説明を受けました。卵子に針を 刺したとき弾力がなく、質の悪さを告げられて ショック。次回は良質卵子が確保できるように 自然周期採卵をすすめられていますが、 自然周期にすれば受精するのでしょうか?

顕微授精でも妊娠出来ないことも…

るりさんのように顕微授精までステップアップしても、なかなか妊娠できないという方もいるのですか?
臼井先生 そうですね。るりさんのようなケースは多くはありませんが、なかには原因不明の受精障害で、顕微授精でもうまく結果が出ない方もいらっしゃいます。ご主人も検査を6回されて異常がないということですが、精子の状態がよいと診断されても、奥様の卵子と相性が悪くて受精できないケースもあります。

良い卵子を採るために

卵子に弾力がないと言われたそうですが、これは年齢的なものからきているのですか?
臼井先生 年齢が高い方だけではなく、若い方でも見られることがあります。毎回ではなく、そのときの卵子の状態によって弾力が異なることも……。原因ははっきりと解明されておらず、一概に卵子の質が悪いと言い切れないところもあります。
るりさんは、今まで薬による刺激周期で採卵をしてきて、次回からは自然周期での採卵にトライしてみるということですが、これでよい結果が得られるのでしょうか。
臼井先生 薬を使わない自然周期は体にはやさしいのですが、採れる卵子の数は普通1つです。また、低刺激だと子宮の内膜が厚くならない方もいる。逆に刺激が強いと、卵巣が腫れてしまう方もいます。
どの方法がよくて妊娠しやすいかは患者さんによって異なります。

その人に合った排卵誘発を

では、必ずしも自然周期がベストとは言えないのですね。
臼井先生 私の医院の場合は、はじめは ※ロミフェンを用いた低刺激、次に ※ nRHアンタゴニスト、その後 ※ング法と、3つの段階を踏んだ刺激法を実践しています。
※クロミフェン:排卵誘発薬。 ※GnRHアンタゴニスト:ゴナドトロピンの分泌を抑制する働きを持つ製剤。  ※ロング法:月経前の黄体期からGnRHアナログ製剤を使用し、月経3日目からHMGを7日間連続して筋肉注射する排卵誘発法。
3つを行っても結果が出ない場合は、その中で一番合っていて良質な卵子が採れた方法で、再度トライしていきます。どの方法でも良い卵が得られない場合、自然周期を選びます。やはり、患者さん個々の体質や、そのときの状況に合わせた刺激法を見極めることが重要です。るりさんも、体も気持ちも仕切り直して、まずは自然周期からチャレンジしていろいろ刺激法を変えてみるのがよいかと思います。
卵子はたくさん採れているのですから、まだまだ妊娠のチャンスはあると思いますよ。
>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。