PCOSで排卵誘発しても卵胞が育たない

はるこ さん(27 歳) 

PCOSと診断され、4周期クロミッド®を服用しましたが卵胞がまったく育たず、次からは自己注射をすすめられています。できれば自己注射は避けたいと思っているのですが…。

【医師監修】福田ウイメンズクリニック 福田 雄介 先生
東邦大学医学部卒業、東邦大学医学部大学院修了。医学博士(東邦大学 平成22年)。米国ペンシルベニア大学生物学教室留学、東邦大学医学部産婦人科学教室講師などを経て福田ウイメンズクリニック副院長に就任。日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医・指導医。日本生殖医学会 認定生殖医療専門医。
福田先生●PCOS の患者さんは一般的にクロミッド®を1 日1 錠、生理の5日目から5日間服用してもらいます。はるこさんは4周期服用しても卵胞が育たなかったとのことですが、クロミッド®は1日2錠まで服用できるお薬なので、増量されていたかどうかは気になるところです。卵胞がまったく育たなかったことから自己注射をすすめられたとのことですが、クロミッド®で反応が悪い場合には、フェマーラ®を服用するという方法もあります。はるこさんがどうしても自己注射は避けたいと思われるなら、主治医にお尋ねしてみてはいかがでしょう。
<動画で解説!!>
「PCOSはどんな方法で治療を進めればいいの?」
「今後の治療の進め方や向き合い方は?」
>全記事、不妊治療専門医による医師監修

全記事、不妊治療専門医による医師監修

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。本サイトの全ての記事は医師監修です。