移植周期に適したホルモン値はありますか?

移植前や移植後のホルモン値について基準値はありますか?

相談者 : コッコさん(37歳)先月4AA の凍結胚移植を行い、化学流産となりました。流産の原因は不明ですが、移植前後のホルモン値に不安があります。移植後4 日目から再判定まで、ずっと鮮血の不正出血が続いていました。移植はホルモン補充でD3 からD13 までエストラーナ®テープが2 枚から4 枚に増えていき、D14 ~D19 までは3 枚。移植当日~再判定まではホルモン値が低いということで5 枚でした。移植前や移植後のホルモン値で妊娠の継続が見込めるような“理想の値”や対策はありますか。
福井ウィメンズクリニック 福井 敬介 先生 日本大学医学部卒業。卒業と同時に愛媛大学産科婦人科に入局。愛媛大学大学院医学専攻科修了。2000 年愛媛大学産科婦人科学助教授。2001 年、「高度な生殖医療をより身近な医療として不妊カップルに提供したい」と福井ウィメンズクリニックを開設する。

胚移植がうまくいかない理由として、ホルモン値が低いことが関係あるのでしょうか。

福井先生● 治療内容を拝見すると、とてもスタンダードな治療方法だと思います。移植後11日目のhCG 値0·0019mlU/ ml というのは確かに低いですね。マイナスに近いというか、ほどんど出ていないという数値ではないでしょうか。この値から化学流産ということですが、コッコさんの場合は元々着床しておらず、流産とはいえない状態だったのかと思います。

エストラーナR テープを増やされていますが、E2の値が移植6日前で124、移植当日で125pg/mlなので、値が低いとは思えず、なぜ増やされたのかは私にはわかりかねます。また黄体ホルモンの9ng/mlという数値もそんなに低い値とは思いません。ホルモン補充に多く用いられる腟坐薬は子宮に直接作用するので、組織レベルで測らない限り、その薬が効いているか血中濃度を測っても正確な評価はできないといわれています。使う薬、体重や吸収率なども個人差もあるため、基準値というのはありません。たとえば、1や2といったかなり低い数値でも妊娠する方はいらっしゃいます。低いからといって妊娠できないというわけではありません。

胚移植に適したホルモン値についてのお考えを教えてください。

福井先生●先ほども述べた理由により、まだ指標として確立されてなく、移植に適したホルモン値の基準というものはありません。正常値というのもありません。たとえ低い値だとしても、局所濃度が高ければ妊娠します。単に子宮での濃度を測ることができないので、評価できないということです。

今後の治療方法などアドバイスをいただけますか。

福井先生●コッコさんの場合はホルモン値に起因するのではなく、卵子の質によるものだと思います。卵子のグレードが最も良かったとしても、必ずしも妊娠するということはありません。それよりも移植4日後から不正出血が続いたことが気になります。子宮筋腫核出術を行っていることもあり、筋腫が再発したのではないかということも気がかりです。不正出血の原因がホルモンの異常によるというより、筋腫・ポリープや炎症など器質性の原因によるものと考えられますので、治療を継続する前にまずはしっかりと検査をすることをおすすめします。

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。