【Q&A】なかなか受精しません。~浅田先生

まっつんさん (39歳)
結婚10年、不妊治療を始めて5年目の39歳です。
これまでに採卵5回、採れたたまごは各1個ずつです。
アンタゴニスト、低刺激などやりましたが、たくさん育たず、いつも成熟卵が1個しか採れません。
そのうえ、受精せずに終わってしまうので途方に暮れています。
前回の採卵で初めて受精したのですが、途中で止まってしまいました。
子宮内膜症があり、昨年手術した際に左の卵管の癒着があったのでとりました。
今年再発しましたが、まだ小さいので治療を優先しています。
高プロラクチンでカバサールを服用しています。
やはりこのような体の状態では、受精はおろか、自然妊娠も厳しいのでしょうか?
年齢のこともあり、焦ってしまってどうしていいか分かりません。よろしくお願いします。

浅田先生に聞いてきました

浅田レディースクリニック 浅田義正 先生
名古屋大学医学部卒業。1993 年、米国初の体外受精専門施設に留学し、主に顕微授精を研究。帰国後、日本初の精巣精子を用いた顕微授精による妊娠例を報告。現在、愛知県の名古屋駅前、勝川、東京・品川にクリニックを開院。著書に『不妊治療を考えたら読む本』(講談社)など多数。

※お寄せいただいた質問への回答は、医師のご厚意によりお返事いただいているものです。また、質問者から寄せられた限りある情報の中でご回答いただいている為、実際のケースを完全に把握できておりません。従って、正確な回答が必要な場合は、実際の問診等が必要となることをご理解ください

39歳の方で結婚して10年、不妊治療を始めて5年ですので、結論から言えば、転院して適切な不妊治療を受けることが私のアドバイスです。
今まで5回採卵し、卵巣予備能を測るAMHも低いため、それに見合う治療をし受精卵をきちんと作ることが、あなたが妊娠という結果を得るために一番大事なことです。
10年妊娠しておらず、5年不妊治療をしている現在の状況で自然妊娠を考えるより、また、あなたの体が原因と考えるのではなく、しっかりと不妊治療をすることが大切です。
健康な人が妊娠するのではありません。
妊娠するということと、その後赤ちゃんのためによい体作りをすることは全く別の事柄です。
あなたが本当に赤ちゃんを望むなら、エビデンスに基づいた適切な不妊治療ができる施設で治療を受けるべきです。
>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。