【Q&A】ふりかけで正常受精、顕微で全部異常受精したことについて~福田勝先生

まやさん (30歳)  過去に2回顕微授精をして、採卵できた卵の数に対して半数以上が授精し、良好胚盤胞を3回移植ましたが、妊娠には繋がりませんでした。(ふりかけはやったことありません)
そこでより良い病院に転院し、今回の採卵で10個の卵が取れました。
今回初めてふりかけにも挑戦し、ふりかけ5個、顕微5個でやりました。
結果䛿、ふりかけは5個中4個正常受精しましたが、顕微受精は、全部異常受精(3PN)で全滅でした。
この場合、受精できている、ふりかけの方の卵は問題ないのでしょうか??
また、前の病院は顕微授精で異常受精したことに気づかず胚盤胞に育ったものを移植していた可能性もあるのでしょうか?
今まで顕微では正常に受精していたのに、今回転院してふりかけでは受精したのに、顕微で受精全滅だった事がすごく気になります。

福田先生に聞いてみました。

福田ウイメンズクリニック 福田 勝 先生
順天堂大学医学部・同大学院修了。米国カリフォルニア大学産婦人科学教室留学後、順天堂大学医学部産婦人科学教室講師を経て、1993 年福田ウイメンズクリニック開院。2018 年10 月に、より最寄り駅に近く、広々とした場所にクリニックを移転しました。
※お寄せいただいた質問への回答は、医師のご厚意によりお返事いただいているものです。また、質問者から寄せられた限りある情報の中でご回答いただいている為、実際のケースを完全に把握できておりません。従って、正確な回答が必要な場合は、実際の問診等が必要となることをご理解ください。
採卵、受精、最初に判断するのが受精確認です。
通常2PNですが、異常受精の1つとして前核が3つの3PNを見ることがあります。
その発生は体外受精で5〜10%、顕微授精で2〜6%といわれています。
3PNは受精確認の段階で移植胚から除外されるのが一般的です。
3PN胚も約13%が正常染色体との報告もありますが、日本での着床前診断の適用を考えると3PN胚を戻すことは考えられません。
今回、顕微授精ですべてが3PN胚であったとのこと。
非常に希なことですが、ありえることだと思います。
3PNについては卵子内にあった空砲と前核を誤診断し正常受精を3PNと判断してしまう可能性も0ではないとも思いますが、今回の結果を受け入れたらよいと思います。
>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。