【Q&A】PGT-A胚盤胞の移植順位~田中温先生

田中先生に聞いてきました

セントマザー産婦人科医院田中 温 先生 順天堂大学医学部卒業。膨大な数の研究と実験は毎日深夜にまで及び、1985 年、ついに日本初のギフト法による男児が誕生。1990 年、セントマザー産婦人科医院を開院。現在も研究と実験に精力的に取り組んでいる。日本受精着床学会副理事長。順天堂大学医学部客員教授
※お寄せいただいた質問への回答は、医師のご厚意によりお返事いただいているものです。また、質問者から寄せられた限りある情報の中でご回答いただいている為、実際のケースを完全に把握できておりません。従って、正確な回答が必要な場合は、実際の問診等が必要となることをご理解ください。
Dayanさん (42歳)
現在アメリカ在住、アメリカのIVFクリニックにて不妊治療をおこなっています。
現在採卵8回を経て、うち1回目3個、4回目3個、7回目2個PGT-A胚盤胞を得ました。
移植3回のうち2回陰性、稽留流産1回、現在移植4回目を迎えています。
現在、4回目と7回目のPGT-A胚盤胞があり、その戻す優先順位について悩んでいます。
担当の先生に相談していますが、判断材料として日本のドクターにもご意見を伺えたらと思っています。
主な疑問としては以下の通りです。
・PGT-A済みのため既に性別がわかっているのですが、男女では着床妊娠出産リスクに差がありますか?
・ノーマルとモザイクではやはりノーマルから戻した方が良いでしょうか? またモザイクの箇所、±によるリスク差はありますか?
・PGT-A胚盤胞で3度失敗しているので、2個戻すことも選択肢に入れていますが、リスクが高いでしょうか?
・2個戻す場合は同じ回に採卵した胚盤胞をペアで戻したほうが良いでしょうか?
また、高齢ということもあり、治療を優先して今まで着床や不育症の検査を後回しにしてきていますが、PGT-A胚盤胞移植に3回失敗していることから検査を優先した方がいいのでしょうか。
色々とわからないことだらけで判断に迷うことが多く、たくさんの質問となってしまいました。
お手数をおかけしますがご返答お願いします。

男女での妊娠・出産時のリスクに差はありません。

ただし、日本では性別は教えることができません。

ノーマルから移植すべきです。高頻度モザイクでなければ大丈夫だと思います。

PGT-AのA判定(正常胚)移植を3度失敗している場合には、一般の不育症検査をしてください。抗リン質抗体、抗核抗体などに異常がある場合にはアスピリン、ヘパリン療法も併用するべきでしょう。

2個移植する場合、同じ正常胚であればどのような胚でもいいと思います。

可能ならば不育症検査をされた方が良いと思いますよ。

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。