【Q&A】妊娠が継続できない~徐先生

徐 先生に聞いてきました

徐 東舜先生(徐クリニックARTセンター)大阪大学医学部卒業。大阪大学病院、愛染橋病院、大阪府立成人病センター、西宮市立中央病院(医長)を経て、2000年、徐クリニックARTセンターを開業。産婦人科専門医。生殖医療指導医。妊娠・出産にいち早く近づけることを最優先に、質の高い治療でサポート。腹腔鏡や子宮鏡手術は1000例を超える。
※お寄せいただいた質問への回答は、医師のご厚意によりお返事いただいているものです。また、質問者から寄せられた限りある情報の中でご回答いただいている為、実際のケースを完全に把握できておりません。従って、正確な回答が必要な場合は、実際の問診等が必要となることをご理解ください。

かずみさん(38歳)

人工授精で1度目䛾妊娠→胎嚢確認ずみで7w0dに自然流産。
顕微授精(5日目胚盤胞4BC)で2度目は妊娠→胎芽確認の前日に大量出血→6w2dに進行流産と診断され、現在排出待ちです。
医師からは「今回は流産は卵子の質が問題だと思う」と言われました。
染色体異常の卵でも、hcgは順調に伸びるものなのでしょうか。(BT8…hcg50台、BT15…hcg2600台でした)
また受精卵のグレードと流産率の関係がありますか?
不育症の検査もしてみた方がいいのでしょうか?
他にやってみるべき検査もあればご助言頂きたいです。

主治医から言われたという「卵子の質が原因」だということについては、その可能性はありますが、この妊娠経過歴では不明です。

染色体異常の胚でもhCGは上昇します。異常に高い値を示す場合でも、染色体異常の場合があります。

グレードと流産の関係については、グレードが低い方がやはり流産率は高い傾向にあると思われます。

かずみさんは2度流産しているので、不育症の定義に当てはまります。

自己抗体を含めた血栓症の検査、甲状腺ホルモンの検査、子宮鏡検査、夫婦の染色体検査などの検査が必要です。

今後、受けることが不可能になるかもしれませんが、可能であれば体外受精の際の胚の染色体検査が望ましいと思われます。

さらに、それらで不明の場合は子宮内の炎症(子宮内膜炎)や免疫学的な検査なども必要かと思います。

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。