採卵のキャンセルについて

まさかの排卵済み!
採卵キャンセルはよくあることですか?

大島クリニック 大島 隆史 先生 自治医科大学卒業。1982 年、新潟大学医学部産科婦人科学教室入局。産婦人科医として3 年間研修後、県内の地域病院の1 人医長として4 年間勤務。1992 年、新潟大学医学部において医学博士号を授与される。新潟県立がんセンター新潟病院、新潟県立中央病院勤務を経て、1999 年、大島クリニックを開設、院長に就任。
やまさん(35歳)不妊治療歴は3~4年。前は低刺激のクリニック、今はアンタゴニスト法のクリニックへ通院中。今まで胚盤胞5 回、初期胚を2 回移植しましたがすべて陰性。新たに採卵をすることに。D4 でフェリング®450 にHCG を追加した注射を7日間実施。D12 で卵胞が14mm 程度の卵胞を6個確認。フェリング®450 にHCGを追加した注射を5日間、D13 とD15 にガニレスト® を処方。D16 に診察をしたところ排卵済みで採卵キャンセルに…。治療費と貴重な卵子を無駄にし、悔しい気持ちでいっぱいです。

相談者のやまさんは採卵がキャンセルになったことでショックを受けていますが、よくあることでしょうか。

大島先生●薬で排卵をコントロールしていても、ごくまれに排卵してしまうことがあり、その場合は、採卵キャンセルになります。特にAMHがかなり低い場合は、薬による排卵抑制が難しいため、注意が必要です。そういった「すでに排卵済み」を防ぐために、当院ではデュファストンRを生理2日目から服用してもらいます。

先生から見てやまさんの治療で疑問を感じる部分はありますか。

大島先生●卵胞の発育を促すHMG製剤のフェリングR450 を投与しているところに、さらに追加でHCGを注射したのに疑問を感じます。おそらくさらに卵胞を育てようと思っての対応だと思うのです。しかし、どのくらいのHCG単位(量)を投与したのかわかりませんが、フェリングR450 だけで充分だと考えられます。

そのほか気づいた点などありますか。

大島先生●通常、LHの基礎値は3mIU/ml。基礎値の2倍以上になったら排卵のサインといわれています。やまさんの場合、D12の時点でLH9mIU/ml。
すでに排卵のサインが出ています。さらに卵胞も14mmと充分な大きさに。本来ならこの日に排卵を抑制するガニレストRを注射しますが、その翌日のD13に接種しているのは疑問です。さらに、ガニレストRは注射してから30時間しか排卵抑制効果が続かないため、採卵日2〜3日前まで連日投与するものですが、D13、D15と1日おきにしか接種していないことにも疑問が残ります。もし、ガニレストRをD12の時点で連日投与していれば排卵を調整できたのではないかと考えます。
 ただ、あくまでも相談内容から感じた疑問なので、主治医の方には、独自の考えがあるかもしれません。もし、治療中に「あれ?」と思うことがあったら、遠慮せず主治医に尋ねてみてください。

では大島先生でしたら、今後、やまさんにはどのような治療法を提案されますか。

大島先生●「貴重な卵子を無駄に…」と、相談内容にも書かれていた通り、しっかり卵子を育てて採卵できるようにします。そのために、生理2日目からデュファストンRを服用。超音波で卵胞の大きさ、血液検査でホルモン値をチェックしながら、ベストなタイミングで採卵する治療法を提案します。
>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。