【Q&A】チョコレート嚢胞持ちの不妊治療~浅田先生

チョコレート嚢胞がある…年齢的に体外受精に進んだ方がいいのかも…

どちらを優先させた方がいいのか…

浅田先生に聞いてきました

 

浅田レディースクリニック浅田義正先生  名古屋大学医学部卒業。1993 年、米国初の体外受精専門施設に留学し、主に顕微授精を研究。帰国後、日本初の精巣精子を用いた顕微授精による妊娠例を報告。現在、愛知県の名古屋駅前、勝川、東京・品川にクリニックを開院。著書に『不妊治療を考えたら読む本』(講談社)など多数。
※お寄せいただいた質問への回答は、医師のご厚意によりお返事いただいているものです。また、質問者から寄せられた限りある情報の中でご回答いただいている為、実際のケースを完全に把握できておりません。従って、正確な回答が必要な場合は、実際の問診等が必要となることをご理解ください。
いもいもさん(38歳)3年前に婦人科で子宮筋腫内膜症を指摘され、半年間スプレキュア治療したものの筋腫は小さくならず、
この後半年間隔でエコーで経過観察。
結婚を機に妊活1年するも出来ず、不安になって不妊治療クリニックに行ってみると
チョコレート嚢胞4cmがある」と言われショックでした。初めてAMH検査すると0.82。
その数値にもショックを受けた状態でタイミング法1回、その後人工受精を1回しましたができず、不妊治療クリニックから
「チョコレート嚢胞の治療か不妊治療はどちらを優先すべきか、別の病院でMRIをとって確認してきて欲しい」
と言われ、先日MRIを受けてきました。
まだ結果は聞きに行けてないのですが、この状態では普通はどちらを優先すべきですか?
私はすぐにでも体外受精したほうがいいのではと思っています。

AMHが0.82、子宮筋腫とチョコレート嚢胞があるということで、かなり卵巣に蓄えられている原始卵胞が少なく、卵巣予備能が低くなっている状態だと思います。

その上、チョコレート嚢胞を手術するとなると、今以上に卵巣予備能が低くなり、早発閉経の状態になってしまうので、不妊治療専門医からするとチョコレート嚢胞の手術をされることはおすすめできません。

チョコレート嚢胞が、採卵や卵巣刺激を妨げるようであれば、手術で摘出するのではなく、内容液を抜いて体外受精をされた方がよいと思います。

今のうちに受精卵を残すような治療をしっかりしておかないと子宮内膜症はひどくなりますし、なかなか結果がでないと思います。

チョコレート嚢胞の治療か不妊治療のどちらを優先するかではなく、卵巣予備能と妊娠という結果にこだわった治療ができるクリニックを選択すべきだと思います。

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。