【Q&A】チョコレート嚢胞持ちの不妊治療~生田先生

チョコレート嚢胞がある…年齢的に体外受精に進んだ方がいいのかも…

どちらを優先させた方がいいのか…

生田克夫先生にお話を伺いました。

いくたウィメンズクリニック 生田 克夫 先生 名古屋市立大学医学部卒業。名古屋市立大学産科婦人科学教室助教授、名古屋市立大学看護学部教授などの経歴を重ねたが、不妊に悩む名古屋の方たちの役に立ちたいという思いで、教育者の立場を辞して独立。地元・名古屋の中心部、栄に開院し、1986 年から体外受精の現場を歩いてきた経験と穏やかな人柄で、数多くの患者さんを妊娠に導く。
いもいもさん(38歳)3年前に婦人科で子宮筋腫内膜症を指摘され、半年間スプレキュア治療したものの筋腫は小さくならず、
この後半年間隔でエコーで経過観察。
結婚を機に妊活1年するも出来ず、不安になって不妊治療クリニックに行ってみると
チョコレート嚢胞4cmがある」と言われショックでした。初めてAMH検査すると0.82。
その数値にもショックを受けた状態でタイミング法1回、その後人工受精を1回しましたができず、不妊治療クリニックから
「チョコレート嚢胞の治療か不妊治療はどちらを優先すべきか、別の病院でMRIをとって確認してきて欲しい」
と言われ、先日MRIを受けてきました。
まだ結果は聞きに行けてないのですが、この状態では普通はどちらを優先すべきですか?
私はすぐにでも体外受精したほうがいいのではと思っています。
申し訳ありませんが38歳という卵子の染色体上の増加がどんどん増えていく年齢とAMHが1を切れる値、チョコレート嚢胞が4cmであっても手術はしてはいけません。してもしなくてもほぼ妊娠率は変わりません。
チョコレート嚢胞周辺の癒着もあるかもしれませんが、癒着剥離を行ってもかなりの確率で再び再癒着が発生します。それにAMHが更に低下する可能性が大きいので、残された卵子を有効に使って妊娠されない解けない現状では一般不妊治療で最も妊娠の確率が高くなる方法を少し行ってみて妊娠しなければ体外受精を行われた方が良いかと判断します。

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。