【Q&A】移植する卵~浅田先生

受精卵のグレード、気になる所です。

また、胚盤胞まで育てるべきか?初期胚で移植しても平気なのか?

浅田先生に聞いてきました

 

浅田レディースクリニック浅田義正先生  名古屋大学医学部卒業。1993 年、米国初の体外受精専門施設に留学し、主に顕微授精を研究。帰国後、日本初の精巣精子を用いた顕微授精による妊娠例を報告。現在、愛知県の名古屋駅前、勝川、東京・品川にクリニックを開院。著書に『不妊治療を考えたら読む本』(講談社)など多数。
はる、さん(25歳)
2人目治療してます。胚盤胞の4BBを戻すか3日目8分割の初期胚2個移植するかで迷ってます。
先生ならどれから移植しますか?

両側卵管閉塞ということですが、もともと体外受精は両側卵管閉塞の患者さまのために始まりました。また、当初はすべて初期胚での移植でした。

初期胚でも胚盤胞でも、どの卵が赤ちゃんまで成長するかは今の科学技術では誰にも分かりません。

受精卵の成長段階で、遺伝子の発現がうまくいけば出産となります。

初期胚を培養して胚盤胞にしたら、より良い受精卵になるということではありません。

基本的に初期胚でも胚盤胞でも、どちらを移植されても結果は変えられません。

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。