体にいいものを美味しく食べよう!

体にいいものを美味しく食べよう!

管理栄養士さんが考案する旬の食材を使った、簡単で美味しいレシピをご紹介していきます。体は食べたものからできています。食べ物から栄養をしっかり摂って、健康な体をつくりましょう!作り方をわかりやすい動画で見ることもできるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

仙台ソレイユ生殖医療センターひだまりキッチン 管理栄養士/ 萱森有希さん 2007年東京家政大学卒業後、神田のベルギー郷土料理レストラン「Champde Soleil」勤務、2011年より副料理長を務める。2016年より仙台ソレイユ母子クリニックに。調理師、国際薬膳師の資格ももつ。

食べ方を工夫して栄養を摂り夏バテを予防しよう

 

妊活において、健康的な食生活は欠かせないものの一つです。とはいえ忙しい日々のなかで、栄養バランスの良い食事を毎食摂ることは容易ではありません。時間がない時や疲れを感じた時は、疲れを癒やすビタミンやミネラル・たんぱく質を主食に加えることを意識してみましょう。主食のお米に玄米や分づき米を取り入れるのもおすすめです。

夏場は暑さや湿気で体力の消耗も大きくなりがちです。また寝苦しさからくる睡眠不足や冷房による冷え等で自律神経が乱れ、夏バテにもつながります。夏バテ対策にはしっかり食べて、栄養素をまんべんなく取り入れることが大切ですが、残念ながら食欲が低下してしまうこともしばしば。そんな時、汁気が多いメニューは口当たりが良く食べやすくなります。大葉などの薬味や少しの酸味・香辛料も、食欲増進に効果的です。

赤ちゃんを元気に迎えるためにも、まずは自分の体を元気にしてあげましょう。

ここで紹介したレシピや離乳食レシピ、育児情報などを動画で見ることができます。妊娠・出産・子育てに役立つファミリー向けアプリ「MAMADAYS」

<トマトとツナのさっぱり和え麵>

トマトとレモンの酸味でさっぱりと食べられる、具だくさんのそうめん。トマトにはさまざまなビタミンが含まれていますが、特にビタミンC の含有量が多く、ごま油に含まれるビタミンEと一緒に摂ることで抗酸化作用に相乗効果が期待できます

レシピ動画はこちら https://mamadays.tv/articles/4733

材料(2人分)

・トマト…1 個 ・ツナ缶(水煮)…1 缶 ・きゅうり…1/4 本 ・かつお削り節…1 パック ・ごま油…大さじ2 ・醤油…大さじ2 ・レモン汁…大さじ2 ・そうめん…200g

作り方

①トマトは角切り、きゅうりは千切りにしてボウルに入れる。

②①にそうめん以外の残りの材料を加えて混ぜる。

③そうめんを表示通りゆでて冷水でしめ、水気をきって②に加えて和える。

④器に盛って完成(先に麺を盛り付けてから残りの具をのせると、きれいに盛付けできます)。

 

<白ごまキムチクッパ>

鶏肉と豆乳で、動物性と植物性両方のたんぱく質を摂ることができるメニューです。豆乳にはたんぱく質だけでなくビタミン、ミネラル、ポリフェノールなども含まれているので、ぜひ日頃から活用しましょう

https://mamadays.tv/articles/4735

材料(1人分)

・ごはん…適量・鶏ひき肉(もも肉)…100g ・白菜キムチ…100g ・しめじ…100g ・水…400ml ・無調整豆乳…200㏄ ・ごま油…大さじ2 ・白すりごま…大さじ2 ・醤油…小さじ1 ・青ねぎ…お好みで

作り方

①鍋にごま油を入れて中火で熱し、鶏ひき肉としめじを炒める。

②鶏ひき肉に焼き色がついたら、水と白菜キムチ、白すりごま、醤油を加えて煮立たせる。

③無調整豆乳を加えて沸騰しない程度に温め、火を止める。

④ごはんを器に盛り、③をかけてお好みで小口切りにした青ねぎをのせる。

 

<さばの薬味寿司>

さば缶は便利なものですが、使う時は塩分に気を付けましょう。梅干しを一緒に炊き込むことで、程良い塩味と旨みをプラスすることができます。また酢や薬味を加えることも、減塩に効果的です。

https://mamadays.tv/articles/4732

材料(作りやすい分量)

・米…2 合・さば缶(水煮・190g)…1 缶・梅干し…2 個・みょうが…2 個・酢…大さじ4・砂糖…大さじ2・大葉…10 枚・白いりごま…大さじ1

作り方

①炊飯器に洗米した米と梅干し(種は取った状態で一緒に加える)、さばの水煮缶を汁ごと入れ、水を2 合の目盛りまで加えて通常炊飯する。

②みょうがを小口切りにして酢、砂糖と合わせておく。

③ごはんが炊けたらボウルにご飯を移し②のみょうがを加えて全体を混ぜる(梅干しの種は取り除く)。

④粗熱がとれたら千切りにした大葉と白いりごまを加え、ざっくり混ぜて完成。

 

<ブルーベリーヨーグルトのキューブアイス>

ブルーベリーに含まれる食物繊維は乳酸菌をはじめとする善玉菌のエサとなり、腸内環境を整えることに役立ちます。室温に置いたり、指でつまんでも溶けだしにくいアイスです。凍らせずに器に流して冷蔵庫で固めれば、ゼリーとしても楽しめます( その場合は、はちみつの量を100g 程度に減らしてください。

https://mamadays.tv/articles/4734

材料(作りやすい分量)

・ブルーベリー…100g・ヨーグルト(無糖)…200g・はちみつ(なければ砂糖でも可)… 150g・粉ゼラチン…5g・水…大さじ2

作り方

①ゼラチンを水にふりかけてふやかす。

②ブルーベリーとはちみつを耐熱容器に入れ、ふんわりラップをかけて500W のレンジで加熱する(生のブルーベリーなら約1 分、冷凍の場合は約2 分を目安に)。

③②が熱くなったら、①のゼラチンを加えて溶かす。

④③にヨーグルトをスプーン1 杯分程入れてムラなく混ぜたら、残りも加えてよく混ぜる。

⑤製氷容器等に④を流し入れて、冷凍庫で冷やし固める。

⑥完全に固まったら容器からはずし、あればブルーベリーと一緒に器に盛って完成。

 

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。