超低AMH、合う刺激方法が見つからない ~田中先生

AMHが低く、治療の選択に迷います。排卵誘発方法はどんな形が良いのでしょうか?セントマザーの田中先生に聞いてきました。

田中 温 先生(セントマザー産婦人科医院)順天堂大学医学部卒業。越谷市立病院産科医長時代、診療後ならという条件付きで不妊治療の研究を許される。度重なる研究と実験は毎日深夜にまで及び、1985年、ついに日本初のギフト法による男児が誕生。1990年、セントマザー産婦人科医院開院。日本受精着床学会副理事長。順天堂大学医学部客員教授。

 

さつきさん(37歳)超低AMH(0.19)かつ大きなチョコレート嚢腫があるので、貯卵→手術→移植という予定で治療を進 めています。 

採卵を14回行い、貯卵は6個までできました。(胚盤胞、3日目胚×2、前核期胚×3) アンタゴニスト法、ショート法、クロミッド、レトロゾール、フェマーラ…色々な刺激方法を試してきまし たが、どれもキャンセル率(早期排卵・空砲含む)が高く、どれが合うのか未だに分かりません。 超低AMHでは、卵胞が育つ周期に何らかの刺激があればよくて、薬の種類は関係ないということな のでしょうか? 

また、私の場合はAMHに対して高刺激(アンタゴニスト、ショート、クロミッド毎日2錠)の時だけ採卵 できており、低刺激でとれたことがありません。この結果も、たまたま卵胞が育つ周期に高刺激を 行っていただけなのでしょうか?

 

一般的には卵巣子宮内膜症が7cm以上になった場合は悪性化の可能性も出てきますので、手術が優先されます。
なるべく早く手術をされることをお勧めします。
>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。