AMHは採卵ごとに測定する必要がある?

AMHの値は短期間で変化する? 採卵ごとに測定したほうがいい?

生田 克夫 先生(いくたウィメンズクリニック)名古屋市立大学医学部卒業。名古屋市立大学産科婦人科学教室助教授、名古屋市立大学看護学部教授などの経歴を重ねたが、不妊に悩む名古屋の方たちの役に立ちたいという思いで、教育者の立場を辞して独立。地元・名古屋の中心部、栄に開院し、1986年から体外受精の現場を歩いてきた経験と穏やかな人柄で、数多くの患者さんを妊娠に導く。

 

ベスプッチさん(34歳)からの相談 子宮内膜症体外受精を5回行い、2回流産。排卵誘発法が合わないのではないかと思い、転院しました。AMHを測定すると2.3ng/mlで、初めて刺激をして5個採卵、5個受精(2個胚盤胞で凍結)、2個移植するも陰性でした。今ピルで卵巣を休めていますが、またAMHを測るところからと言われました。測定したのは5カ月前ですが、AMHの値はそんなに変わるものなのですか? 私の場合、今後どのような治療をするのがよいでしょうか。

 

AMHが2.3 ng/mlという数値は、やはり低いですか?

 

個人差がありますが、もう少しあってもいいという感じでしょうか。どの年代も低い人は1 ng/mlを切っていたり、高い人は5ng/mlくらいと平均値が各年代でバラバラです。その値によって卵巣刺激をしたときにどれくらい排卵しそうかという目安でしかありません。同じ検体を同じように測っても再現性が少なくデータにバラつきがあるのも難点です。

5カ月程度でも数値は変動したりするのでしょうか。

 

年齢とともに下がってはいきますが、急激には下がりません。2.3ng/mlだったのが次の週に測ると2.0 ng/mlだった。では0.3下がったのかというと、それは検査の誤差レベル。ただ、この方のように子宮内膜症があって手術をすると数値はすごく下がりますし、内膜症が悪化しても下がる可能性はあるので、そういう場合、2、3年経ったので測り直す、ということはあるかもしれません。

これまでの排卵誘発の方法については、どう思われますか?

 

低刺激というのは、恐らくクロミフェンの服用と、少しHCG注射をしているくらいではないかな。刺激の仕方は人によって合う、合わないがありますので、実際にやってみないと効果はわかりません。ただ、5回とも全部同じ刺激方法のようなので、よい卵子ができていないのであれば刺激の方法を変えるべきだろうと思います。

ピルの服用によるAMHへの影響はあるのでしょうか。

 

どれくらい服用するかにもよりますけど、たとえば1年飲んで卵子が減少するのを抑制できるかというと、大きな効果はないと思います。それより自然に消えていってしまう卵子のほうが多いだろうと。1回の月経周期あたり、100〜1000個くらいがなくなります。FSHが作用してある程度まで大きくなって消えるものは防止できますけど、小さな段階で消えてなくなる卵子は防げませんので。

生田先生でしたら、今後どんな治療をされますでしょうか。

 

妊娠はされているので、それなりの卵子はできていると思います。あとは受精卵が1個か2個しかできていないとしたら、もう少し多くなるよう中程度の刺激をして様子を見るのもひとつ。その結果によって、この数値はおかしいな? と思えばAMHを測り直すこともあるかもしれませんが、毎回測る必要はないと思いますよ。

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。