胚培養士

患者さまとの身近な距離で 妊娠をサポートする培養士

醍醐渡辺クリニックでは、卵子や精子の専門家で ある培養士が患者さまと接する機会を大事にして います。

それは大切な精子や卵子を預ける患者 さまの安心につながり、培養士の技術やモチベー ション向上に活かされています。

培養士の陰の努力によって ARTは支えられています

精子と卵子の専門家である培養士の仕事 は、血液・精液検査から体外受精の胚の培養、 胚の凍結・融解操作まで多岐にわたってい ます。

当院では、採卵前後の説明や受精結果、 培養結果についても、培養士から患者さま に直接お話しするように心がけています。 担う役割は大きいですが、大切な精子や卵 子をお任せいただく患者さまの安心につな がっていると考えています。

また、医師と培養士は綿密な連携が欠か せません。医師にとっては、体外受精の移 植法を相談したり、移植の結果によっては 改善策を話し合うための頼れるパートナー です。

患者さまの目には触れにくい培養室です が、その中では妊娠率の向上のために、培 養液や操作方法の工夫を重ねるなど、日々 研究や勉強に取り組んでいます。そのよう な培養士の陰の努力によって、ART(生 殖補助医療)が成り立っていることをぜひ 知っていただきたいと思います。

渡辺 由美子 先生 兵庫医科大学卒業。同大学附属病院、国立泉北病院、京都大 学医学部附属病院、国立京都病院勤務を経て、醍醐渡辺クリ ニックで産婦人科医として勤務。

培養士になったきっかけを 聞かせてください。

渡辺浩彦先生(醍醐渡辺クリニックの現 院長)と同じ大学院の研究室で、マウスの 精子をつくる研究に携わっていました。渡 辺先生がクリニックを承継される時に声を かけていただき、生殖補助医療のお手伝い をすることに。それまで不妊治療の知識は ほとんどなく、培養士という職業もここに 来てはじめて知りました。

動物の細胞に比べ、人間の細胞はとても 小さくて、未知の部分も多いのでやりがい を感じます。私たち培養士がお世話できる のは、受精から移植までの5〜6日間。こ の間にどんどん成長していく様子を観察 し、「移植後に赤ちゃんになるんだなあ」 と想像しては、日々感動しています。

精子や胚を観察している時は、 何をチェックしていますか。

まずは、男性の精子の状態(濃度、数量、運 動率)をチェックします。その結果によって人 工授精、体外受精、あるいは顕微授精など、ど の程度のステップアップが必要になるのかを判 断します。

  胚は見た目の形態が重要になります。顕微鏡 下で胚の中にぶつぶつしたものがないか、形が 歪んでいないかなどを観察します。次に当院の データと照らし合わせながら、その胚が移植に 適しているかを評価します。

当院では胚培養にパーソナルインキュベー ターを採用しています。ご夫婦の胚に対して一 つのガラスボトルで密閉するので、安定した状 態での培養が可能になり、妊娠率の向上につな がっています。

お仕事をするうえで心がけ ていることはありますか

多くの学会に参加し、他の施設の研究報告な どの情報収集を行いながら、最良の培養法を研 究しています。

また月1回、培養士ごとの受精率や妊娠率を 確認しています。その結果によってチーム全体 で個々の培養士をサポートし、全員の技術力の 向上につなげています。
当院では培養士が患者さまと直接お話しする 機会が多くあります。どのような患者さまからお 預かりした精子と卵子であるかを理解して、大 切に接することを心がけています。

移植の結果によっては、落ち込むこともあり ますが、次の結果につなげるための力に変えて います。いい結果につながった時はスタッフ全 員で喜び、よい時も悪い時もチームで共有し、メ リハリを大事にしています。

野々口耕介さん  患者さまに体外受精の説明をするなかで、「体外受 精をすれば確実に妊娠できる」と考えておられる方 が多いと感じます。残念ながら確実ということはな く、だからこそ治療に踏み切れず、開始時期が遅 れることのないようにしていただきたいです。 ご結婚後に通常の夫婦生活を営んで1年経ってもお 子さんを授からない方は、できるだけ早く治療をは じめてほしいと切に思います

特集の最新記事

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。