Q クロミッドⓇとセキソビットⓇ、 どちらの薬を選ぶべき?

宇都 博文 先生 鹿児島大学医学部卒業。都城病院勤務を経て、2009年に荻窪病 院産婦人科に入職。現在、産婦人科医長を務め、虹クリニックでは 生殖医療を、荻窪病院では婦人科手術や分娩を行う。日本産科婦 人科学会専門医。日本生殖医学会生殖医療専門医。子宮鏡や腹 腔鏡など内視鏡手術を専門とし、総合的な判断で不妊を治療。
あやかさん(30歳)からの相談 Q.タイミング療法3回目。多囊胞性卵巣症候群で不妊治療を 始めてからはクロミッド ⓇにゴナールエフⓇ75を追加して、 その後、排卵を促す注射をして排卵させています。2回目 はクロミッド Ⓡの副作用で子宮内膜が薄くなり、でも注射が しっかり効いて卵胞が育ちましたが結果は惨敗! 3回目の 今回は内膜が薄くならないようにセキソビット Ⓡを飲みまし た。D3で13mmの卵胞があり、ゴナールエフⓇ75を注射 しても大きさは変わらないどころか、1mm縮んでいました。 注射の量を倍に増やしても、大きくても11mmのものしか なく、今回は強制リセットに。D3に見た13mmの卵胞は遺 残卵胞だったのでしょうか。4回目にクロミッド Ⓡかセキソ ビット Ⓡ、どちらを飲むか迷っています。

排卵誘発にクロミッドⓇを使ったら子 宮内膜が薄くなってしまい、セキソビットⓇに変えたら今度は卵胞がうまく育たなかったということですが。

宇都先生 クロミッドⓇは長く使うと子宮内膜が薄くなったり、頸管粘液が減るなど、副作用のほうが強く出て、かえって妊娠にマイナスに働いてしまうことがあるんですね。あやかさんのように、なかには2回程度の使用でも内膜が薄くなってしまう人もいます。

薄くなるようでは使いづらいので、3回目はクロミッドⓇより弱いセキソビットⓇという排卵誘発剤に変えたようですが、うまく反応しなかったとのこと。

最近は「クロミッドⓇが使えなかったらフェマーラⓇを使う」という流れで治療をしている施設が多いようです。このお薬は排卵誘発作用はクロミッドⓇに近いけれど、内膜は薄くなりません。海外の報告ではクロミッドⓇより妊娠成績もよいといわれています。

非常にいいお薬ですが、一つ難点なのは国内では保険適用がないということ。ただ、保険が利かないからといってそれほど高額になるわけではありません。

ほかに治療していくうえでポイントは ありますか。

宇都先生 PCOS(多囊胞性卵巣症候群)ということですが、クロミッドⓇで反応しているので排卵障害の程度は重いほうではないでしょう。気になるのは肥満ぎみ(身長160cm/体重 70 kgでいらっしゃる体型)であること。PCOSの場合は体重のコントロールが非常に重要です。このような方は減量するだけで排卵が改善されることも。改善されなかったとしてもお薬への感受性が高まるので、状況は好転すると思います。

また、肥満ぎみでPCOSの方はインスリン抵抗性が原因であることも考えられるので糖尿病治療薬であるメトホルミンの併用がおすすめです。男性ホルモンの値が高いPCOSの方は、芍 しゃくやくかんぞうとう 薬甘草湯など漢方の併用が有効でしょう。

遺残卵胞とはどんな卵胞ですか。なっ てしまう原因は?

宇都先生 その周期に排卵しきれずに残ってしまう卵胞で、PCOSではない方でも排卵誘発剤を使えばよく見られる現象です。 30mmとか 40mmくらいになって くると、かなりホルモンを出してしまっている可能性があるので反応性が落ちたり、ほかの卵胞が圧迫されて育ちにくいということがあります。 13mm程度の大き さだったら残っていても特に心配する必要はなく、自然になくなっていくでしょう。うまくいかないといろいろ気になってしまうと思いますが、PCOSは妊娠を諦めるような病気ではないので、前向きに治療を続けていただきたいですね。

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。