未破裂卵胞と排卵後の卵胞について

原因不明の無排卵と 医師の冷たい対応で 精神的に参っています

宇津宮 隆史 先生 熊本大学医学部卒業。1988年九州大学生体防御医学研究所講 師、1989年大分県立病院がんセンター第二婦人科部長を経て、 1992 年セント・ルカ産婦人科開院。国内でいち早く不妊治療に取 り組んだパイオニアの一人。開院以来、妊娠数は7,000 件を超える。 3年間、資格取得のために挑戦し続けてきた臨床遺伝専門医の筆記 試験に合格した宇津宮先生。「ホッとしたら3年間分の疲れが一気に 出てしまいました。ようやく元気になったので、山に登ってリフレッシュ してきます!」
アアアさん(31歳)からの相談 Q.去年、結婚で引っ越してから生理が止まり、産婦人科に通っています。クロミッ ドⓇ2周期で効果がありましたが、その後も自然排卵できず。プラノバールⓇで リセット後、生理5日目にクロミッド Ⓡを服用し、周期16日目の卵胞チェックで は13㎜。その後も基礎体温が上がらないので周期22日目に行くと、前とは 違う医師が基礎体温表も見ずに「排卵してないんじゃない?」と言い、ざっと内 診しただけで「排卵してないようだ、不妊治療専門の病院に行って」と冷たく 言われました。エコーで黒い空洞のようなものが見えても説明はなく、流れ作 業のように患者を扱うので質問もできず。未破裂卵胞と排卵後の卵胞を医師が 間違えることはありますか? 短い高温期の後は、排卵までの期間が長くなりま すか? ストレスで無排卵になることがあるそうですが、無排卵がストレスでど うにかなりそうです。

黄体化未破裂卵胞

1つ目の質問ですが、未破裂卵胞と排卵後の卵胞を、医師が見間違えることはあ りますか?   また、未破裂卵胞について 教えてください。
宇津宮先生 排卵すると、卵子を囲っていた顆粒膜細胞がしぼみますから、その状態を見れば排卵しているかどうかがわかりますが、それは全体の8~9割。
1~2割は血性黄体といって排卵後の卵胞の中に血液が溜まっている場合があります。
排卵前の卵胞とほぼ同じ大きさで、少しだけ内部に筋が入っているかな、というレベルのため、不妊専門医でなければ見間違えることがあると思われます。
アアアさんは不妊専門でない産婦人科を受診しているとのことですので、医師が見間違えている可能性は高いと言えそうですね。
未破裂卵胞は未排卵性黄体化ともいい、全体的にみると約2割に見受けられます。
これはかなり高い割合という印象で、排卵していないにもかかわらず高温期を迎えます。
ですから、高温期を迎えた時に、本当に排卵しているか、排卵後の血性黄体なのか、未破裂卵胞なのか、見極めなければなりません。
また、子宮内膜症や癒着があり、排卵誘発剤を使っている場合に起こりやすいというのも特徴です。
排卵誘発剤を使用する場合は特に多嚢胞性卵巣(PCO)タイプは卵巣表面が硬くなりますし、癒着の場合によっても排卵しようとしてもできません。
未破裂卵胞の割合は約2割と高いので、当院では常に、排卵して一週間後、高温期のちょうど真ん中のタイミングにエコーで見て、判断しています。

プラノバールⓇを服用

2つ目は、短い高温期の後は排卵までの期間が長くなるのかというご質問です。
宇津宮先生 アアアさんのケースでお答えすると、高温期とは言ってもプラノバールⓇを服用したことによる薬の高温作用であり、いわゆる排卵後の高温期ではありません。
プラノバールⓇには黄体ホルモンと卵胞ホルモンが配合されていて、服用すると体温が上昇し脳下垂体は卵巣が十分に働いていると判断します。
その結果、脳下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモンを抑制することになり、次の排卵までの期間は当然長くなると考えてください。

納得できる専門医を

医師の対応を含め、かなりストレスを感じているようです。今後の治療について アドバイスをお願いします。
宇津宮先生 アアアさんは、引っ越しや状況の変化で月経が止まってしまうなど、もともとストレスに影響されやすいタイプのようですが、今現在の悩みや不満は不妊専門のクリニックへ転院されれば解決するものだと思われます。
年齢的にまだ若く、治療も始めたばかりなのですから、早い段階でご自身が納得できる専門医を選んでいただきたいですね。
>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。