妊娠のために、夫婦でできること

妊娠のために、 夫婦でできることを 考えてみよう

長年不妊治療の現場では、体質や生活習慣の改善は、夫婦一緒に するよう提唱をしています。

また妊娠をサポートするための手段とし て、サプリメントにも注目が集まっています。

ご自身もサプリメント 『プレグナ』の開発に携わった英ウィメンズクリニック院長、塩谷雅 英先生に、妊娠のために夫婦一緒にできることのお話を伺いました。

間違った食生活が 妊娠に影響する?

「栄養バランスの整った食事は、免疫力を高め、体質改善にもつながります。

インスタント食品やコンビニ弁当といった調理済み食品よりも、新鮮で栄養豊富な野菜、肉、魚、卵、乳製品などを使った食事を、できるだけ家で丁寧に作ることを心がけてみましょう。

また、着色料、香料、保存料などの食品の加工により栄養成分が失われがちです。

食品の見栄えをよくしたり、長持ちさせたりするために使われている食品の中には、発がん性物質や生殖機能に影響を及ぼす可能性のある成分も少なくありません。

買い物の際に、食品の原材料表示をよく見て選ぶようにすることも必要です」

太りすぎ、痩せすぎ、 いずれも要注意!

「体重と排卵のメカニズムは、密接に関係しています。

太りすぎや痩せすぎは、いずれも排卵障害を引き起こし、不妊の要因となります。

肥満の人はBMI値を参考に標準的な体重を目指しましょう。

食事を抜いたり、特定の食品ばかり食べる極端なダイエットではなく、栄養に配慮してきちんと3食とりながら、間食をやめたり、ウォーキングなどの運動によってゆっくりと減量するのが理想的です。

過激なダイエットはもちろん、極端な痩せすぎもよくありません。

体質的に太れないという人は食事の内容を見直す工夫を。

良質のタンパク質やミネラルを中心に栄養価の高い献立を考えましょう」

バランスのよい食事を 楽しく食べること

「妊娠するために特別なものを食べるのではなく、健康のためにバランスよく食べることが大切です。

食事は毎日のことなので、食卓を囲んで触れ合う機会が増えれば、会話やスキンシップにもつながり、夫婦の絆
も深まって一石二鳥。

朝食だけは一緒に食べる、昼食はお弁当を作って持参する、休日は夫婦で一緒に料理するなど、楽しく続けられることから夫婦の食生活を見直してみましょう」

妊娠のために 必要な栄養素とは?

「現代は飽食の時代。生活に必要な栄養素は食事で十分摂取できていますが、妊娠のために必要なビタミン、ミネラルはどうしても不足しがちです。

そもそもサプリメントは薬ではありませんが、サプリメントに含まれる栄養素は体の機能と密接に結びついています。

現代人に不足しがちなビタミンやミネラルを中心に、老化の原因である活性酸素の発生を抑制する抗酸化成分、男性生殖器の造精機能を改善する成分などが含まれています。

なかなかきっかけがないと飲み始められないサプリメントですが、私が監修した『プレグナ』の中でも『ベーシック』は、ご夫婦で妊娠しやすい体づくりのために開発したものです。

日々の積み重ねが大事といえます。パートナーと一緒に毎日の食生活に取り入れ、妊娠しやすい体づくりを目指しましょう」

夫婦二人で妊娠しやすい体を 目指すには?

ビタミンB群

B1、B2、ナイアシンなど、脳、神経、皮膚 などの健康を保ち、エネルギー補給を助ける。

葉 酸

ビタミンB群の一つで、タンパク質の代謝や DNAの合成に欠かすことができない成分。

ミネラル

ビタミン同様、体の維持、調整に欠かせない、 カルシウム、リン、鉄分、亜鉛、セレンなど。

女性が妊娠しやすい体を つくるには?

抗酸化成分

アスタキサンチン、プロアントシアニジン、シ リマリン、ビタミンE、レスベラトロール。

コエンザイムQ10

抗酸化作用があり、肥満の改善、心臓機能 の改善などにも効果があるとされる。

L-カルニチン

動物実験では、卵母細胞の成熟を促進した り、生存率を高めることが報告されている。

男性の生殖機能に 必要な成分とは?

トンカットアリ

男性ホルモンの分泌促進、スタミナの増強、 精子の動きの活性化、男性機能の改善を助 ける。

亜鉛

重要なミネラルの一つ。不足すると精液の量 と精子数が共に減少する恐れがある。

セレン

強力な抗酸化作用で、がん、脳血栓や心筋 梗塞の予防に効果があると考えられている。

プレグナ

さまざまなサプリメントが市販されていますが、 「いろいろありすぎて、どれを飲めばいいのかわからない」と いう人も多いのではないでしょうか?

そこで、妊娠に必要な成分を一つにまとめた 3つのサプリメントの開発を監修しました。

特に『プレグナ ベーシック』は、 これから妊娠を考えているご夫婦のための必須成分を多く配合。 お二人で始めるのにベストなサプリメントです。

 

塩谷 雅英 先生 島根医科大学卒業。卒業と同時に京 都大学産婦人科に入局。体外受精チ ームに所属し、不妊症治療の臨床に 取り組みながら研究を継続する。 1994~2000 年、神戸市立中央市 民病院に勤務し、顕微授精による赤 ちゃん誕生に貢献。2000 年 3月、 不妊専門クリニック、英ウィメンズク リニックを開院する。A 型・しし座。
>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。