【Q&A】検体について~井上善仁先生

まりごさん(38歳)

人工授精体外受精の検体をとるにあたって、食事やサプリ、禁欲など気を付けることやできることはありますか?
時々、主人の精子の運動率が悪い時があり、万全な状態で挑みたいと思っています。

井上先生にお聞きしました。

井上 善仁 先生 昭和59年3月、九州大学医学部卒業。同年4月、九州大学医学部婦人科学産科学教室入局。平成20年4月、福岡大学病院准教授。平成28年7月に井上善レディースクリニックを開院。スタッフ一同が協力して良いクリニックを作っていき、一人でも多くの患者さんに満足していただけるよう努力している。

※お寄せいただいた質問への回答は、医師のご厚意によりお返事いただいているものです。また、質問者から寄せられた限りある情報の中でご回答いただいている為、実際のケースを完全に把握できておりません。従って、正確な回答が必要な場合は、実際の問診等が必要となることをご理解ください。

一般に精子所見は禁欲期間が2-3日の場合が良好であると言われています。長期の禁欲期間はNGです。
また生活等については添付のプレコンセプションケアのチェックリストに挙げてある項目にご留意頂ければ良いかと思います。
不妊患者用のサプリは市販されています。自分に合ったものを選択されれば良いと思います。
奥様の方は是非葉酸やビタミンDを含んだサプリを摂取して下さい
>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。