【Q&A】胚盤胞まで育ちません~浅田先生

採卵できても、胚盤胞まで育たない・・・。そんな悩みを抱えている方も多いと思います。

浅田先生に聞いてきました

浅田レディースクリニック浅田義正先生  名古屋大学医学部卒業。1993 年、米国初の体外受精専門施設に留学し、主に顕微授精を研究。帰国後、日本初の精巣精子を用いた顕微授精による妊娠例を報告。現在、愛知県の名古屋駅前、勝川、東京・品川にクリニックを開院。著書に『不妊治療を考えたら読む本』(講談社)など多数。
※お寄せいただいた質問への回答は、医師のご厚意によりお返事いただいているものです。また、質問者から寄せられた限りある情報の中でご回答いただいている為、実際のケースを完全に把握できておりません。従って、正確な回答が必要な場合は、実際の問診等が必要となることをご理解ください。
ラムネさん(36歳)   高度生殖医療に挑戦して5年ほどになります。
最近転院をして2つ目の病院です。
現在、クロミッドとゴナールF注射をして採卵をしています。
採卵では毎回3〜7個ほど卵が取れるのですが、胚盤胞まで育ちません。
漢方も飲み始めて1年経つのですが、何がいけないのでしょう。

胚盤胞にこだわる必要はありません。初期胚でも妊娠は可能です。

インキュベーターや培養室は「子宮内により近づけること」を目指していますが、全く同じではありません。

インキュベーター内では育たない胚でも、子宮内でなら育つ場合もあります。

5年経っても妊娠できないようなら、転院すべきと私は思います。5年というのは非常に長い期間です。本来ならば2人くらい子どもがいてもおかしくない期間ですので、確実に妊娠できる、レベルの高い施設へ転院すべきでしょう。

妊娠してからは赤ちゃんの成長のために栄養は重要となりますが、漢方薬や栄養で妊娠率は高くなりません。

2つ目のクリニックになった、ということですが、のんびりしていてはいけません。どんどんと年齢が進むと、その分妊娠しにくくなるのですから、的確な診断・治療ができる施設を受診し、妊娠という結果にこだわった不妊治療、ということに頭を切り替えていただけたらと思います。

>全記事がドクター編集!

全記事がドクター編集!

不妊治療に関するドクターの見解を取材してきました。